太陽光発電でECO



2017年05月04日

<休憩一服>これで決まり邪馬台国:やはり筑後そして日向

やはり筑後。そして日向。

 ・・・・・・

- 以前の記事にも書いたが、畿内説にはなるほどと頷ける言説がない。
- まずは、その方向音痴ぶり。そして九州から奈良に行くまでの壮大な空白。
- 更には、倭人伝に謳われている風俗とのかい離。
- ・・・
- 後の大和政権と邪馬壱国とに連続性はほとんど(「ほとんど」については後述)ない。
- 考えれば考えるほど、九州説しかありえないように思える。

ということで、取りあえず以前記事時の考察要点を再掲しておきたい。

 ● 邪馬壱(台)国以下、倭人は海人の民 である。

 ● 対馬海峡~朝鮮半島南岸 まで 邪馬壱(台)国の管理下 にある。
   ※ 畿内からでは到底無理だろう。

 ● 伊都國は倭国の外交窓口不彌國は奴國の港町 の役割を担っていた。

 ● 伊都國と奴國には港が無かった 故に陸行が行われた。

 これらの倭国事情から見えて来たものは・・・

 ● 南へ水行20日帯方郡(or狗邪韓国)~投馬國 の意。
  - 復路で考えれば、「投馬國~帯方郡(or狗邪韓国) が 北へ水行20日」と言換え可。

 ● 投馬國 は現在の 関門海峡・門司~下関の両岸地域 が地勢的にも理。

 ● 投馬國 から「南へ水行10日」 OR 「陸行1月」 邪馬壱(台)国

その後、上記の下2項目について考えを改めるに至ったので、修正・最終稿としてそれを纏めてみたい。


 ・・・・・・
 ・・・・・・


上記項目について何故そう考えるに至ったかを再度おさらいしておこう。

 魏の使いは帯方郡から舟に乗ってやってくる

まずは 魏志倭人伝 に記述の 「帯方郡から邪馬壱国までの道程」 を押さえておかねば。

 1: 帯方郡から朝鮮半島南岸の狗邪韓國まで。距離7,000余里。
 2: 海渡り1,000余里で對馬國。 1,000+戸。
 3: 更に海渡り1,000余里で一支國。 3,000+戸。
 4: 更に海渡り1,000余里で末盧國。 4,000+戸。
  ・・・
 5: 東南に陸行き500里で伊都國。 1,000+戸。
 6: 東南に陸行き100里で奴國。 20,000+戸。
 7: 東に陸行き100里で不弥國。 1,000+戸。
  ・・・
 8: 南に投馬國、水行20日。 50,000+戸。
 9: 南に邪馬壱國、女王の都。水行10日陸行1月。 70,000+戸。
  ・・・
 0: 女王国の管理下に、斯馬國・巳百支國・伊邪國・都支國・彌奴國・好古都國・不呼國
            姐奴國・對蘇國・蘇奴國・呼邑國・華奴蘇奴國・鬼國・爲吾國
            鬼奴國・邪馬國・躬臣國・巴利國・支惟國・烏奴國・奴國
 0: 女王國の南に敵対している狗奴國
 0: 帯方郡より女王国までの距離は12,000余里。

  ※ 注意) ・・・は私に依る段分け。


項目1~4 までは、倭国に上陸するまでの海渡りの道程でここに異論を挿む余地はないであろう。


 
 ※クリックで拡大 「 860*860 」 : 帯方郡~末盧國


最初の疑問は、「末盧國」に上陸した後「伊都國」に向かうのは何故か。そしてなぜ陸行きかである。

 「(主)國+(副)國:港」 のセットで本来の一國の都市構造

人口のさして多くないこの「伊都國」に出向く必要については、ここが邪馬壱国の窓口だから。
今で言えば、税関。すなわち「伊都國」は出入国管理を担っている官庁街だったと言える。
 ・・・
さて、なぜ陸行きか?であるが、私の推論は至極簡単である。
「伊都國」には港がなかったのだもの。当然のこと陸行きしか手立てがない。

   私は昨年まで長く名古屋に暮らしていたことで、素直に頷ける或る都市構造がある。
    ・・・
   江戸時代に誕生した 「名古屋」 の町は港機能を有する 「熱田」 の町とセットで都市を形成していた。
   つまり玄関にサブシティを持つことで、セキュリティを含め都市環境を整えていたのである。


邪馬壱国はかなり防衛本能に敏感な都市国家だ。ここで「名古屋+熱田」の構造にピンときた。
主の國は無防備に表に顔を出すような位置取りはせず、まず玄関となる國を面前に置くのだ。
 ・・・
邪馬壱国域の各國は「(主)國+(副)國」のセットで本来の一國を形成していたのだ。
つまり、「末盧國」と「伊都國」 も2國で一セットの設えを秘めていたのである。

 ・・・・・・
 ・・・・・・

この構造は、「奴國」と「不弥國」にも当てはまる
 ・・・
「不弥國」 も1,000余戸の小国だ。なぜわざわざ 「奴國」 から出掛ける必要があったのだろうか?
そうです、「不弥國」も「奴國」の玄関としての港町だったからわざわざ出掛けていく。

   わざわざ道程の中の一国として挙げてあるのは、行程上の意味があるからだ。

「末盧國」 に上陸した後、使節団は外交ルートを歩いて来た。
 ・・・
あれっ乗って来た舟はどうしたのだろう? まさか皆で草藪の中を担いできた?
いいや、一旦「末盧國」で別れた船団は水行での別働だ。当然、使節団と落合う場所が必要になる。
もう説明は不要だろう。それが港のある 「不弥國」 である。「奴國」 の玄関だ。

 邪馬壱國と投馬國の2国だけ日数記述の意味

さて、ここまでは今も昔も私の考えは変わっていない。変わったのはここからだ。
謎解きの核心、「投馬國:水行20日」と「邪馬壱國:水行10日陸行1月」の解釈を修正したい。
 ・・・
結論から言うと、「水行20日」も「水行10日陸行1月」も帯方郡からの日数である。


 
 ※クリックで拡大 「 860*860 」 : 水行・陸行


そもそも魏志倭人伝の記述が混乱の元で、故に邪馬壱国論百花繚乱。
「不弥國」までは距離を記しているのに、この「投馬國」と「邪馬壱國」だけは日数表記なのだ。

   ところで、・・・
   だいぶ昔に、ミクロネシアの人々が島から島へと何十キロも海を渡るドキュメンタリーを見たことがある。
   その時は確か星の位置を目印に方向を定めて舟を漕いでいたように記憶する。
    ・・・
   畿内説に南を東と読み替えるバカっぷりを晒す人がいる。
   当時は太陽は北から昇っていたとか、北極星は実は西極星だったとかなら、頷けんこともないが(笑)


ん?目的地である「邪馬壱國」だけならまだしも、「投馬國」までが日数表記なのはなぜなのか
 ・・・
そう、ここにも 「(主)國+(副)國」 のセット構造が明らかに存在している。
再び確認しておこう。使節団と船団の目的地は別である。そう別でいいのだ。仕事が違う。
使節団の目的地は「邪馬壱國」だが、船団の目的地は「投馬國」でいいのだから。

   彼らの仕事としてだが、わざわざ「邪馬壱國」まで行く必要などない。
   ただ2国は「主-副」の関係にあって離れてはいない。物見雄山で出掛けるのは可能だったろう。


使節団は舟に乗ったり歩いたりで「邪馬壱國」を目指した。「水行+陸行」である。
船団の仕事は「邪馬壱國」の港「投馬國」まででよい。故に「水行」のみの道程表記となる。

その上、何よりも帰りは「水行20日」だけをカウントすれば良いではないか。また歩きたいかい?
果たして、2國だけが、それも其々別々に日数表記されている理由はそこにある。

 内陸部を水行き?そこは海じゃねぇだろ!

ところで「不弥國」から「投馬國」までの水行きに疑問を呈する人も多かろう。
 ・・・
当時は今よりも海抜が数m高かったと言う。
福岡平野東部は深くえぐれ、筑後平野に至っては大刀洗町辺りまで海だった可能性もある。

   今は内陸に位置するが、「不弥國」に港があり、筑後の「投馬國」にも港あり、はかなりの確率で想定可だ。

地図で確認してみる。宝満山に源を発する川に御笠川と宝満川がある。川を上って川を下る


 
 ※クリックで拡大 「 860*860 」:御笠川~博多湾と宝満川~有明海:川の道 / 参考に吉野ヶ里


「不弥國」と「投馬國」は川の道で繋がっていた

   これも昔見たドキュメンタリーでのこと。同じ番組だったかどうかは不明。
   島の反対側に行くために舟で島を廻り込まずに、最短距離で森の中を舟を担いでいた。島を横断だ。


行ける所まで舟で上る。川と川の繋ぎの場所は舟を運ぶ。そして向かいの川を下るのだ。
 ・・・
舟は自前のものだったか、邪馬壱國側のものを使ったかは与り知らぬけれど、
使節の用が済んだらさっさと帰れるという意味では自前の舟でやってくる方がスマートだ。

   もちろん、そのまま来た道を帰ってもよい。私はそれでもぜんぜん構わない。

 やまと?やまい?とうま?つま?

「邪馬台」だから「やまと」だと言う。しかし「邪馬壱」なら「やまい」だ。
 ・・・
ところで「投馬國」の「投馬」は「とうま」でよいのだろうか?

   ここに発見があれば一気に真実に近づけるはずなのだが、なかなかそう簡単ではなかった。

と、この辺りが昔は「上妻郡・下妻郡」であったことを知り心は踊る。
なぜなら「投馬」の読みは「妻」の読みに繋がるからだ。これが裏付けられれば、もう確定だ。
 ・・・
しかも、「邪馬壱」の読みも「八女」の読みに繋がるのも強ち偶然だとは思えない。

「邪馬壱國」の南にあるもの

倭人伝には「邪馬壱國」の南には敵対する「狗奴国」があったことが記されている。
この「狗奴国」が、後の熊襲の民であるとの言及は多いし、私もおそらくそうであろうと思う。

   南に「狗奴国」の記述がなければ、佐賀平野や島原辺りも考えられるが、あるんだものなぁ。

「邪馬壱國」が筑後で「狗奴国」が熊本。これで魏志倭人伝記述の全てが符合する。

 ・・・・・・
 ・・・・・・

 修正(最終)稿:まとめ

 ● 邪馬壱(台)国以下、倭人は海人の民 である。

 ● 対馬海峡~朝鮮半島南岸 まで 邪馬壱国の管理下 にある。
   ※ 畿内からでは到底無理だろう。

 ● 管理下の国々は「(主)國+(副)國:港」 のセット で機能している。

 ● 伊都國は倭国の外交窓口末盧國は伊都國の港町 故に陸行が行われた。

 ● 奴國にも港が無かった。不彌國が奴國の港 で、玄関の役割。

 ● 投馬國も実は邪馬壱国の玄関港 だった。

 これらの倭国事情から見えて来た答は・・・

 ●  南へ水行20日帯方郡~投馬國 の意。
          ・場所は筑後(旧 上・下妻郡辺り)

 ● 南へ水行10日,陸行1月帯方郡~邪馬壱国 の意。
          ・場所は筑後(八女辺り)



 ・・・・・・
 ・・・・・・



さて「邪馬壱国」がついに筑後で確定してしまった話はここまで。
 ・・・
最後に、どうしても邪馬壱国と畿内を結び付けたい方々に向けて、私からの細やかな助け舟を。

 卑弥呼亡き後、ダメ出し出された男王はどうなった?

卑弥呼亡き後に男王が治めたが世が乱れた。そこで再び宗女である壹與が立てられたと言う。
ところでこのダメだしされた男王はその後どうなったのか?不思議なことに誰も触れない。

   男王時代に内乱で千人~が死んだと言うが、当の男王の行く末は不明だ。
   死んだのか?国の片隅でひっそりと隠遁生活を送ったのか?そうは思えない。


歴史を紐解けば、政争に敗れた者は大体がどこかの国に駆け込むのである。
 ・・・
さてどこに逃げたのか?敵対していたが南の「狗奴国」に逃げ込んだだろうか?
いやそれはない。だとすると、畿内か?それとも日向だったのか?

 はたまた、いったいこの男王は誰だったのか?

「国を出る」で真っ先に思い浮かべるのは「神武東征」かもしれない。
しかし内乱の時期は3世紀半ばである。東征にはまだ時を重ねねばならない。
 ・・・
さてはもしやのニニギノミコトだったのか。筑後を抜け出して、高千穂に降り立ったとも言える。
しかしこれもないだろう。ニニギノミコトはアマテラスの孫だ。アマテラスが誰かがさっぱり?になる。

   ついでに申し添えておくと、卑弥呼に子はない。

ここで、この男王は神話を振り出すことになるイザナギだったのでは?と仮定しよう。
人が千人も死ぬ戦いの中で出雲に逃げた。しかし出雲で歓迎されたわけではない。
しかも山陽も畿内も既に強国がひしめいている。どこにも安住の地は無いように思えた。
そこで北九州を避け熊本も避け、南九州は日向へと落ち延びることとなる。

   伴侶のイザナミは戦いの最中に受けた傷により行った先の出雲で亡くなってしまったが、
   幸いにして、アマテラス、ツクヨミ、スサノヲという3人の子供は無事に逃げおおせた。


そしてイザナギの子孫は平穏な日向・薩摩の南九州に定住し血を紡いでいく。
ところが北にいた「狗奴国」の子孫(熊襲)が何らかの理由で南に下ってきたから大変だ。
またもや自らの地を追われるように安楽の地である日向に腰を据えることになった。

   ニニギノミコトの時代ことである。
   後に大和によって熊襲が討たれることになるが、この時の復讐かもしれない。


イザナギ一族にとって日向はいつの時でも安住、そして再生の地だ。
 ・・・
更に世代を経て、半島からの渡来人(山幸彦)大陸からの(海幸彦)らの血も混ざり力を蓄えた後に、
ヒコホホデミ(神武天皇)が北九州に未だ残っていた親派らと畿内を目指すことになる。

   その軍団は3つの集団以上の混合部隊であった。そのシンボルが八咫烏の3本足である。
   さて、この有能なグラフィックデザイナーは誰だったのだろうか?



 

Posted by Kashiwa★da at 12:00 | Comments(0) | Tea Break / 雑記一服
 



2017年02月01日

<休憩一服> 都城の「幕末の道」を今の地図に落してみた

むか~しむかし、ここ 都城盆地は湖だった そうな。

今からおよそ2万9千年前に姶良火山が大噴火を起こします。これがとてつもない規模だった。
ご存知の方も多いだろう、桜島で南北に二分されている鹿児島湾の北側がそのカルデラ跡である。
・・・
果たして、湖は火山灰で埋まり、志布志湾へと繋がっていた川は塞き止められ北へと流れを変える。

 - ちなみにこの時代は氷河期で、それは凡そ7,8万年前から1万2千年前の6、7万年間。
 - 北海道は樺太~大陸と地続きだったらしいが、津軽海峡と対馬海峡はこの氷河期の時は海。
 - 時代で言えば石器時代だが、氷河期の終わりと共に日本はいよいよ縄文時代へと移行する。

・・・・・・
・・・・・・

子供の頃は全く不思議にも思わなかったのだが、故郷を出て他の町々を見ては、はたと疑問が。
 ・・・
■ 萩原川にしろ大淀川にしろ、町の中央を流れずに平地の際を流れているのは何故だろう?
■ それもわざわざ土手(堤と言った方がいいかな)を築いて。明らかに作為を持った位置に流れている。
■ 加えて、やたらと 「 〇〇原 」 の地名が多い。異常なくらい多い。原だらけなのは何故だ?


  
  大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


姶良大噴火によって生まれた都城盆地 だけれど、その性格もこの噴火で決定された。
・・・
起伏の無い平坦な土地には東・西・南の丘陵地から水が流れ込むようになる。
おそらく雨の多い季節はその時々で水の流れが盆地の中を彷徨ったことだろう。
そんな盆地である。水に浸からない僅かでも高い場所は特別な地として認識されていく。
即ち、それらが 「 原 」 である。

 - 菖蒲原、北原町、蔵原、小松原、中原、広原、都原、久保原町、蓑原 等々
 - ・・・
 - 今でも少しは残っているけれど、昔は東から西へと小さな流れが町中に存在していた。
 - 実はあの葉脈の如く東西に拡がっていた水網の地勢こそが都城の最たる特質だったのではないか。
 - 無くなったのがちょっともったいなかったかもとしばし感慨。

しかしながら、そのようなな地。治水こそは最重要の命題 だ。なんとかせねばならぬ。
その努力の結果が今に至る 萩原川、大淀川への付替え だろう。
広大な平地を守るために、丘陵地の際に堤で強制的に水の流れを押し込めた。

 - だが、いつ造られたのかが未だ判らず仕舞い。
 - 江戸初期には既に今の位置にあることは確認したが。(参照資料は後述)

この築造が今日の町を形成する第一歩だったと言える。

・・・・・・
・・・・・・

と、一応の結論を付け、まだ若かった私は時々都城の地図を引っ張り出しては眺めていた。
そして一本の流れるような線を地図の中に見出し、これが昔の主要な道の一つだと確信していた。

先日まで(笑)


  



都島から岳下橋を渡り西町を経て高架下をくぐると北東に道は曲がる。
今はもう消滅しているがその延長線上に道は伸び、千日通りへと弧を描いて繋がる一本の如何にもな線。

 - 付け替えられた大淀川はその後も氾濫を繰り返す。今に至ってもである。
 - 昔の道は(例えば東海道もそうだが)水を避けつつもギリギリキワキワに道を設えている。

間違いない。ここに都城の幹線の一つが走っていたはずだ。自信がある!!!

・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・

久しぶりに実家に帰ってみると、神棚の横に 「 幕末都城之図 」 なるものを見つけた。
家がいつもお世話になっている旭丘(ひのお)神社から頂いたと言う。

 - この 「 幕末都城之図 」 だが、ネットのどこかにないかと調べて見つけたのがこちら。
 - ● 全国遺跡報告閲覧:都城市中央東部地区史跡・旧街路等調査報告書
 - ・・・
 - pdf 資料のP11 に 元和元年(1615)と幕末の絵図 が置いてある。
 - また次ページP12には 昭和初期 (年代不明だが敷設線路から推測) の 「 都城市全図 」 も。

私が自信をもって信じていた 「 これが昔の道 」 などどこにもないではないか。
どうしたものか。どうするもこうするも、「 幕末都城之図 」 を検める他あるまい。

そして苦労の末、今の地図に落してみたものがこれだ。


  
  ※クリックで拡大 ( 1000*1200pxl )



改めて、都城の町が如何に スクラップアンドビルド を繰り返した来た かを思い知る。

 - 正確に落したかどうかには疑問が残る処もあるのだが、様子はほぼ把握できるはず。

道については諦めていたが、社寺仏閣等も根こそぎに無くなっている事実には衝撃を受けた。
・・・
上記、昭和初期 「 都城市全図 」 の地図上の至る所に番号がふってあり何かと思っていたら、
それらは、「○○跡」「○○跡」「○○跡」「○○跡」・・・・跡だらけである。

 - 理由を考えてみた。
 - ・・・
 - 江戸時代まで取り立てて取り柄の無い小さな小さな田舎の町。
 - ところが大正になってこの地にも鉄道がやって来た。吉都線、大正2年(1913)のことだ。
 - 3年後にはそれが宮崎まで伸びた。大正12年(1923)には志布志線も敷設される。
 - 最後になったが、昭和7年には鹿児島とも繋がり日豊本線が完成した。

鉄道敷設は町を大きく作り変える契機となった はずである。
・・・
小さかった町は鉄道ででかくなった。そして南九州の中核都市として発展することになる。
幸いにして町に後ろ髪を引かれるようなものなどもほとんどない。

壊せ、壊せ!新しい町だ。新しい町を作ろう!壊せ、壊せ!

善い悪いは別にして、そういう気風が都城にはありそうだ。じっくりと地図を眺め直したから判る。

・・・・・・
・・・・・・

ちなみに、私の妄想した道もあながち外れてはいないように思う。
・・・
西町からの斜め45度に走る道は私の全くの妄想道でしかなかったけれど、
南北に走っていた道の中で、その千日通りの道が最も西側にあったことが判るから。

 - これより西側には定常的な道(南北の)を作れなかったと見て良いのでは、やはり。


 

Posted by Kashiwa★da at 14:00 | Comments(0) | Tea Break / 雑記一服
 



2015年02月22日

<休憩一服>異論は認めない。これで決まり 邪馬台国 : 下

● 170504追記 : 修正(最終)稿 「これで決まり邪馬台国:やはり筑後そして日向」を投稿

 ・・・・・・
 ・・・・・・

- 巷で好き勝手に跋扈するしている畿内説で腑に落ちるものはどこにもないし、
- さりとて北九州説に思わず膝をガッテン出来るものがあるかと言えばそれもない。
- ・・・
- どこを見渡してみてもと~んと頷けるものがない。
- 邪馬台国詮索好きの方々は本当に旅をしたことがあるのかしら?机上で旅ごっこしてんじゃねぇよ!

が、前回記事の結論でした。大まかなではありますが、改めて要点のみ纏めてみます。

● 邪馬壱(台)国以下、倭人は海人の民 である。

● 対馬海峡~朝鮮半島南岸 まで 邪馬壱(台)国の管理下 にある。

● 伊都國は倭国の外交窓口不彌國は奴國の港町 の役割を担っていた。

● 伊都國と奴國には港が無かった 故に陸行が行われた。

これらの倭国事情から見えて来たものは・・・

南へ水行20日帯方郡(or狗邪韓国)~投馬國 の意。
 - 復路で考えれば、「投馬國~帯方郡(or狗邪韓国) が 北へ水行20日」と言換え可。

● 投馬國 は現在の 関門海峡・門司~下関の両岸地域 が地勢的にも理。

● 投馬國 から「南へ水行10日」 OR 「陸行1月」邪馬壱(台)国

詳細については前回記事 ○ 異論は認めない。これで決まり 邪馬台国 : 上 を。

・・・・・・
・・・・・・

そして、この魏志倭人伝:邪馬壱(台)国への道程イメージを地図に落すと、こうなります。


   クリックで拡大:3236*3610pxl
   ※ 〇の大きさは人口比。ピンク色は女王国の管理下国。黄緑色は敵対国:狗奴國(人口は不明)
   ※ 右上に魏志倭人伝:邪馬壱(台)国への道程に関する文章を記載。



投馬國から「南に水行で10日、(或は) 陸行で1月」で邪馬壱(台)国に到着します。

 - 関門海峡から人力で船を漕いで、1日に何時間漕ぐのか判らないが相応の時間漕ぎ続けて、
 - 夜はおそらく船を着けられる場に停泊する。海が時化ていればじっと時をやり過ごすしかない。
 - 果して、10日は要るだろう。
 - ・・・
 - 手漕ぎの船での海峡抜けは運任せかもしれない。ところで航海は何隻の船で行っていたのか?
 - 実は豊後水道:豊予海峡の潮の流れも相応の覚悟がいる。さてどうする?
 - 命の危険を冒す位ならば、安全策として陸行の決断も当然あり得る。満足な道はないけれど。
 - 果して、1月は要るだろう。

素直に読めば、邪馬壱(台)国は天孫降臨の地、日向の國にあった と思えます。

 - 南九州は縄文時代に火山噴火によってほぼ壊滅したらしいのだが、
 - 弥生時代の九州の人口密集地は、筑紫平野と宮崎南部だそう。
 - それは取りも直さず、どこからか人が流入して来た証でもある。そう、海の民だ。

・・・・・・
・・・・・・

ところがです、宮崎の皆さん。そう判断するには、これがどうにもこうにもいけません。

魏志倭人伝には邪馬壱(台)国への道程の他に 倭国風俗に関する記述 があるのですが、
それらは、宮崎の地とするには矛盾する内容 です。誠に残念。

 - 況してや、畿内にあったなんて考えはどこをどう間違っても出て来ない。


 魏志倭人伝の道程文にある「帯方郡~女王国は壱萬二千余里」(上地図右上文14番参照)
  - 1万2千里は帯方郡から北九州一円位まで の距離。 宮崎はちょっと遠い。
  - ・・・
  - また、前回記事で畿内説の愚かさについて触れた。
  - 同様に、宮崎からも朝鮮半島南岸まで掌握できるとはとても思えない。遠すぎる。

 魏志倭人伝の倭人風俗として、赤土による体化粧 の言及が。

  - 倭人伝「以朱丹塗其身體」の「朱丹」の解釈は様々だけれど、単に赤土の意味だろう。
  - ・・・
  - 日常的な慣習は、その地にそれなりの自然環境が備わっているからこそのもの。
  - 例えば、現代でも南太平洋やアフリカ等で体に土を塗る風習の人たちがいる。

 日本の土壌をチェックできるサイトがある。覗いてみよう。

  ■ 「赤色土」分布
         クリックで当該サイトを開きます
    ○ 農業環境技術研究所:土壌情報閲覧システム「赤色土」


  ■ 「暗赤色土」分布
         クリックで当該サイトを開きます
    ○ 農業環境技術研究所:土壌情報閲覧システム「暗赤色土」


 赤土は東シナ海、有明海や周防灘に面した九州、他には山陰、西伊予や浜名湖周辺に多い。

 - と、ここで一言断っておきたい。
 - 投馬國と邪馬壱(台)國が東シナ海に面していたようにも思えるがそれはない。
 - ・・・
 - 何故なら、末蘆國(唐津)から不彌國(福岡)まで歩いたことを全く説明できないからだ。


・・・・・・
・・・・・・

また改めて念を押しておけば、方向オンチを正当化する論の肩は持ちません。南は南です。

 - 海の民の方向感覚にダメ出しするなんて笑止千万。私たちの感覚で物事を計っちゃいけない。

となれば、北九州近辺で赤土が普通にある地とすると、ここしかありません。


   クリックで拡大:3236*3610pxl
   ※ 〇の大きさは人口比。ピンク色は女王国の管理下国。黄緑色は敵対国:狗奴國(人口は不明)
   ※ 右上に魏志倭人伝:邪馬壱(台)国への道程に関する文章を記載。



でも、投馬國から邪馬壱(台)国へは「南に水行で10日、(或は) 陸行で1月」 とあります。
・・・
当初宮崎と結論付けたに比べると、余りにも近い?
しかし、ここで思い出して頂きたい。邪馬壱(台)国はかなり用心深いのです。

 - 前回記事でも述べたように、邪馬壱(台)国は勝手な諸国間交易を禁止する程の強かさ。

正に 徳川幕府並の出入管理術を有していた のではないか、が私の見方。

然すれば、このように考えてみたい。

 - 関門海峡から人力で船を漕いで、1日に何時間漕ぐのか判らないが相応の時間漕ぎ続けて、
 - 夜はおそらく船を着けられる場に停泊する。海が時化ていればじっと時をやり過ごすしかない。
 - 更には邪馬壱(台)国に入る前に○○(不明)にて数日間の留置きがある。
 - 果して、10日は要るだろう。
 - ・・・
 - 手漕ぎの船での海峡抜けは運任せかもしれない。ところで航海は何隻の船で行っていたのか?
 - 実は豊後水道:豊予海峡の潮の流れも相応の覚悟がいる。さてどうする?
 - 命の危険を冒す位ならば、安全策として陸行の決断も当然あり得る。満足な道はないのだが。
 - 更には意図的な遠回りの路での陸行を強いられる。
 - 果して、1月は要るだろう。

日本にとって最大の幹線路となるであろう、そしてなった 瀬戸内に睨みの利く九州の地
それがこの 豊前の地 です。他には見当たりません。

 - おっとそうだ。「耶馬渓」の名が江戸時代に付けられたことは承知している。
 - ○ 中津市:頼山陽と耶馬溪
 - ○ Wikipedia:耶馬渓

・・・・・・
・・・・・・

ところで、魏志倭人伝には倭人風俗に関して他にもいろいろと言及があります。

体には入れ墨、首を通す穴の開いた布衣。

 - 入れ墨は長江の呉の人々の風習であったと言われる。秦の圧政から逃れ渡来してきた可能性。
 - 衣は中南米に見られるポンチョみたいなものか。いたって単純な作りであったことには相違ない。
 - おぉぅ、冬は寒そうだ。温暖だとは描いてあるが、風邪には気を付けろよ。

  ・ ※ 注釈追記
  ・   ここでの 「呉」 は三国志で有名な3世紀「魏・呉・蜀」の「呉」ではなく、
  ・   紀元前6・5世紀は 「呉越同舟」で名を残す「呉」 であるのでご注意を。

稲作、そして野菜作りも盛ん。

 - 稲作はもちろん、温暖な気候を生かして夏冬と野菜作りをしていたらしい。
 - しかしこの時代、日本に馬はまだいないし家畜としての牛もいない。

潜水による漁。

 - 流石に海の民、素潜りで漁をしていたようだ。入れ墨は災難除けのまじないでもあった様。
 - ・・・
 - 末盧國でも描かれ、倭人風俗ということで再度触れられている。この意味は大きい。
 - 倭人伝に描かれた人口をみれば、投馬國と邪馬壱(台)国の比重がかなりのものである。
 - - 上記地図を参照。敵対国の狗奴國(黄緑)の大きさは不明なので邪馬壱(台)国に合せただけ、ご注意。
 - この2国が内地にあったとは考えられない。絶対に海に面していたはずである。

・・・・・・
・・・・・・

最後に、先に関門海峡の 地勢的な重要さ を述べましたが同様のことがその地にも言えます。
畏れ多くも、もしその時天の上で「お前はどこが欲しいか?」と問われたとしたらどうしましょう。
私なら即答、 豊前をください

 

Posted by Kashiwa★da at 09:09 | Comments(0) | Tea Break / 雑記一服
 



2015年02月22日

<休憩一服>異論は認めない。これで決まり 邪馬台国 : 上

● 170504追記 : 修正(最終)稿 「これで決まり邪馬台国:やはり筑後そして日向」を投稿

 ・・・・・・
 ・・・・・・

日本の古代史は謎だらけですから人々の興味を惹きつけて止みません。
中でも論争が止まないものは 邪馬台国神武東征 の二大テーマでしょうか。

 - 差し当たっては 「 邪馬台国 」 としましたが、本当は 「 邪馬壱国 」 だとの説もあります。
 - 魏志倭人伝は 「 邪馬壱国 」 と記載。よって以降は 「 邪馬壱(台)国 」 との書き方を基本にします。
 - 
 -  ○ Google検索 : 邪馬壱国 邪馬台国

私はと言えば、故郷が都城ということもありますから、
これまでは 「 邪馬台国 」 よりも 「 神武東征 」 への興味が勝っていました。

 ○ <休憩一服>ここが「宇佐」、ここが「伊勢」の神武東征 : 上
 ○ <休憩一服>ここが「宇佐」、ここが「伊勢」の神武東征 : 下
 ○ 2-9:行きはよいよい、帰りは?の九州一周:神武東征ルート

 - 偶に奈良・橿原~大阪・柏原辺りへ出かけた時などは、
 - 至る所で私の名を呼ばれている気がしますから尚更です。

が、暫く前にある調べものをしていたら偶々 「 稲作伝来 」 のサイトが目に留まり、

 - 以前は日本への 稲作伝来は半島経由との説 でした。
 - しかし近年の科学的研究によれば、その説は 完全否定された らしいのです。

育った環境故の感覚的な勘に光明が!それまであった違和感が一気に解消されたのでした。

  ・ ※ 注釈追記
  ・   既に居住していた縄文系と半島経由で渡来してきた弥生系という単純な2項軸への違和感。
  ・   渡来して来た弥生系にも多様な民族がいたのではないかと思い続けていた為。

・・・・・・
・・・・・・

稲作伝来は弥生時代との定説を覆し、縄文後期まで遡るとのこと。

 - おそらく 「 神武東征 」 は3世紀末 ( か、4世紀初頭 ) の古墳時代ですが、
 - 俄かにそれより古い時代の 「 ~弥生時代 」 に興味が湧いて来ました。

邪馬台国、特に魏志倭人伝に登場する 「 卑弥呼 」 の時代が 弥生後期の3世紀前半
この時代に未だ文字による記録は日本にありません。唯一の頼りは 「 魏志倭人伝 」 です。

 - 固有名詞は、当時の倭人の喋る言葉の中国風当て字。
 -「 邪 」や「 卑 」など故意に相手を見下した文字を用いているのは今も昔も不変、ご愛嬌。
 - ・・・
 - また 「 卑弥呼 」 は個人名ではなく、職名と考えられる。 (※ 「ひ」の「みこ」?)

・・・・・・
・・・・・・

何はともあれ、魏志倭人伝に記してある 道程 を( 初めて )書き起こしてみたわけです。


   書き起こしメモ

  ※ 帯方郡(不明)~狗邪韓国(不明)、及び末廬國(唐津/松浦)に至る途中の對馬國(対馬)と一大國(壱岐)は省略。


 - 大元資料の魏志倭人伝・道程 ○ Wikipedia - 「魏志倭人伝」中の“邪馬台国” - 道程


メモを取りながら、あちらこちらの説を覗き見つつ ほぅ!へぇ!はぁ? と情報を仕入れつつ、
その節目節目で生じた疑問や私なりの考えを書き連ねながら坦々と旅に出かけましょう。


■ 魏の出張行政機関: 帯方郡船で 旅立つ。
■ 朝鮮半島の西岸~南岸伝いに 狗邪韓國 に到着。

 □ 帯方郡・・・・・・・・・・?(ソウル近辺?)
 □ 狗邪韓國・・・・・・・・?(朝鮮半島南岸)

 - この時代の朝鮮半島は三韓時代と呼ばれる実質的に中国国家の周辺属州状態。
 - よく耳にする 百済・新羅・高句麗の三国時代 は凡そ百年後の4世紀後半~。
 - ・・・
 - 狗邪韓國は、朝鮮半島南端の一部にあるが、女王国:邪馬壱(台)国の管轄下にある。
 - 即ち、九州~朝鮮半島の海域には邪馬壱(台)国の力が及んでいる と言っていい。
 - - ジブラルタル海峡を挟んでアフリカにあるスペイン領のセウタ、メリリャのような関係?
 - 
 - 邪馬壱(台)国を含め道程に出てくる國々の 倭人は海人(※あま⇒天)の民 で間違いない。

■ いよいよ海超え。對馬國 、そして 一大國 と渡って 末廬國 に至る。

 □ 對馬國・・・・・・・対馬 : 1.000戸
 □ 一大國・・・・・・・壱岐 : 3.000戸
 □ 末廬國・・・・・・・松浦 / 唐津 : 4.000戸

 - 岸沿いの水行から変わって海洋横断による航海にて九州へ。
 - それぞれ方角と距離は記してあるが、渡航日数は不明。

■ 末廬國で 船を下り、外交窓口?の 伊都國 に向けて 陸行

 □ 伊都國・・・・・・・糸島 / 前原 : 1.000戸

 - Q伊都國も海に面しているはずだが、何故末廬國で下船したのだろう?
 - ・・・
 - - 単に地形の問題か、或は外交的思惑( 防御トラップ )か?
 - - 倭人伝に勝手な諸国間交易を禁止していた旨の記載がある。セキュリティ感覚は徳川政権並。

■ 伊都國から 更に陸行奴國 に向かう。

 □ 奴國・・・・・・福岡 / 博多(※志賀島より金印出土) : 20.000戸

 - Qここで船を留め置いた末廬國へと戻るかと思いきや、その先へと陸行を選択したのは何故?
 - ・・・
 - - 幾つもの邪馬台国論を見たが、末廬國に置いてきた船がほったらかし。言及しているものが無い。
 - - 後に再度水行が出てくるのだが、どの論も船を担いで歩いて行ったとでも思っているのだろうか。
 - 
 - 奴國の南には、女王国唯一の敵対国 : 狗奴國 (場所?、人口?)がある。

■ その奴國を抜け、更にその先の 不彌國 まで 陸行

 □ 不彌國・・・・・・?(博多近辺:奴國から100里) : 1.000戸

 - Q遥かに大きな奴國を通り越し、わざわざ小さな國に歩みを進めたのは何故だ?
 - ・・・
 - - おそらく 不彌國が奴國の港町の役割 を担っていた。奴國は船留が無理だったと推測。
 - - 末廬國で使節団責任者一向を下ろした後、船は別行動にて不彌國へ水行直行 する。
 - - 両者は港町である不彌國にて再び合流する。(※旅の段取りとはこういうもんだ)
 -
 - ところで、弥生時代の海岸線は、現在よりも大きく内陸に寄っていたことは確かなようだ。
 - また、この弥生時代には博多湾と有明海が繋がっていたという説もある。
 - - つまり、不彌國の現在地が海に面していない可能性は大、ということだ。

■ 不彌國から 水行20日投馬國水行10日・陸行1月邪馬壱(台) に着。

 □ 投馬國・・・・・・・・? : 50.000戸
 □ 邪馬壱(台)國・・・・・? : 70.000戸

・・・・・・
・・・・・・

さて、邪馬壱(台)國はどこにあったか?諸説が入り乱れている原因 は、
「 陸行 」 の後に再び現れた 不彌國からの 「 水行~ 」 の文言解釈 にあります。
おまけに経由地である 投馬國の現在地が特定できぬことも 重なり、兎にも角にもグダグダな有様です。
・・・
単純に道程数値を足し算をしてしまうと邪馬壱(台)国は太平洋上に飛び出してしまうと言うので、
方向オンチを正当化する奴が出るわ、伊都國が地球の中心だと叫ぶ奴はいるわ、と始末が悪い悪い。

 - ● 例えば、出土遺物を武器に一時優勢を極めていた愚かな畿内説
 - ・・・
 - - 当時の対外力で、海から引っ込んだ畿内の地でカウチで寝そべってポテト食いながら・・・
 - - 瀬戸内の諸国や北九州、はたまた海を隔てた対馬海峡までを管理できていたとでも?
 - - ・・・
 - - 加えて、3世紀後半以降の畿内歴史の流れを上手く説明した畿内説の論を見たことがない。
 - - 畿内にも相応の国家があった、でいいのではないか。
 -
 - ● 例えば、それまでは順序良く来ていたものが、突然伊都國が起点の 愚かな放射説
 - ・・・
 - - 投馬國、邪馬壱(台)國へはこの伊都國から船を出せるといきなり言い出すのであるが、
 - - であれば、何故わざわざ末廬國で船を下り視界不良の葦原をかき分けてまで歩いたのか?
 - - ・・・
 - - よしんば 愚かな放射説 の派生説、起点中心が港のある末廬國であるとしても、
 - - 特別に奴國や不彌國まで歩いて行った目的がいったい何なのかに答える必要があるし、
 - - 特段の意味がないのなら、その他 2120ヶ国(※奴國重複考)に放り込んで〆、のはず。

・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・

幾つか邪馬台国論を拝見。もしこれらの人からツーリングに誘われても丁重にお断りするかな。
実に酷いから。旅をしたことのない人間が、机上の旅ごっこをしているとしか・・・

では、ここいらで一旦私なりの「 道程 」最終イメージ を纏めておきたい。


まず「 水行~ 」の考え方は、末廬國から不彌國までは二手に別れる ことに気付きましょう!

  - 「 水行 」 の行程だけに着目してみれば異なる風景が見えてくる。
  - 水行に 「 末廬國~伊都國~奴國~不彌國 」 の陸行行程を勘定することの方がおかしい。

  帯方郡(or狗邪韓国)~投馬國 の船旅が 南へ水行20日と判明。

また、私の見た 全ての邪馬台国論が往路だけの検討 でした。復路は?どうなってるの?

  - 来た道をそっくりそのまま帰るような「逆向き陸行:不彌國⇒奴國⇒伊都國⇒末廬國」をする?
  - 通常感覚ならば、船による水行だけで帰路に就く でしょう。
  - 
  - 場合に依れば、投馬國を出て直に朝鮮半島へ向け船を漕いだかもしれない。
  - 復路への考察も重ね併せれば、上の 「 南へ水行20日 」 はより妥当性を増す。
  - ・・・
  - 皆に解るように言い換えてみよう。復路「投馬國から北へ水行20日」である。

さて、投馬國帯方郡(or狗邪韓国)から南へ水行20日 の場所にあるとすると、

  - 適合する処は、現在の 関門海峡・門司~下関の両岸地域 しかありえない。
  - 
  - 畿内説で福山の鞆の浦を投馬國とする説がある。が、ここは 早鞆瀬戸 の名を持つ。
  - また、下関は古くは(赤)馬関の名でも知られていることも書き加えて置く。
  - ・・・
  - 台国論諸説が、これ程の地勢的重要なポイントを押えていないことも不可解だ。

本丸の邪馬壱(台)国 へは投馬國から「南へ水行10日、陸行1月」 とされる。

  - 議論の一つが、この「水行、陸行」の並記が「and」なのか「or」なのかだ。
  - 
  - 考慮すべきは、関門海峡が現在でも危険を伴う航路であること。
  - 天候、潮の満引き等人智を超える難所だ。況してや3世紀という現実を鑑みる。
  - ・・・
  - 水行を陸行に切り替えねばならぬ状況も多々あったはずだ。故にorとしたい。

ここで、念のため邪馬壱(台)国海に面した国家 であったことを再確認したい。

  - もう一度、上のメモ書きを見直してみる。
  - ・・・
  - 倭人は海人である。また対馬海峡は邪馬壱(台)国の管理下にある。
  - (投馬國から)水行10日の後に陸行1月の場所に居てそんな強権が発揮できるとは思えない。


納得できる邪馬壱(台)国論に出会えなかったことで深入り。しかし楽しめます。
上に記した私なりの解釈を直に地図の上に落しましたが、それは次回に廻すことにします。
・・・
魏志倭人伝に記載の倭国は、どこをどう読んでも九州のお話。ではまた。

 

Posted by Kashiwa★da at 09:00 | Comments(0) | Tea Break / 雑記一服
 



2013年06月29日

<休憩一服> これが1974年の都城。空から。

日本の町は刻々と姿を変えていく。

・・・な、もんだから、昔の風景を思い出そうにも思い出せない。とても歯痒い。
これまでにも散々触れて来たけれど、区画整理された街で成功した例がないだけになおさらなのだ。

・・・・・・
・・・・・・

調べ物をしていると、時々「おぉぉぉ!」と雄叫びを上げてしまうサイトとの出会いがある。
・・・
本来は高度成長期だった '60年代の地図を捜していたのだけれど、そう容易くはないんだな、やはり。
あちらこちらとうろつき、そうこうしている内児に正に雄叫び!サイトを見つけた。

  - 残念ながら '60年代じゃないのがちょっとだけ悔やまれるけれど。

’70年代は 1974年の航空写真 である。キャプチャしたものを見てほしい。

1974年の都城 だ。


   
     クリックで拡大:1870*1410pxl


この撮影の前年に本駅前が区画整理されたはずである。あぁ数年早く撮影されていれば!惜しい。

  - なので、キャプチャ画から外してしまいました。

でも、西駅はまだあの小さな木造平屋の駅舎が映し出されているし、
市役所も以前の庁舎、その東隣には出来たばかりの図書館の姿も見える。

  - ここも数年早い撮影ならば駐車場になっている区域の姿が拝めたのに残念。

さて大丸、寿屋、ナカムラ・デパートはまだまだ健在、中央通りもまだまだ健在、
蔵原の交差点には確か江南って名だったかな、あるね。

  - 広口南西のスーパーは何て名だったか、店の変遷はあったのかな、でもここは小さいころからスーパーだった。
  - 小学校に上がる前はここで溶岩糖を買って貰うのが楽しみだったので忘れられない。

何よりも、きれいばっさり跡形もなく整理された中町の様子は、あぁコレコレ!な具合だ。嬉しい。

・・・・・・
・・・・・・

飽きもせずずうっ~と眺めているのだが、
これは昨今盛んに言われるようになった 「 コンパクトシティ 」 そのものじゃないの。

 ○ コンパクトシティ : Google 検索

ここに上手いこと駐車場を組み込めていたならば、別の現在があったんだろうなぁ。

ものごとはそう上手いこといかないと言うことだわね。

・・・・・・
・・・・・

ところで、この大変貴重なデータを開示しているのが何とあの Google Maps だったのは盲点だった。

ここである。 ○ Googleマップを使って国土地理院の地図を見る




もちろん日本全国を網羅しているので、過去の記憶と照らし合わせながらあっちこっちの街を見るのもウキウキだ。

  - サイト右上のボタンで切り替え。航空写真の拡大範囲が狭いので他の街に飛びたい時は「地図」で。

飽きない。いい一服タイムになる。あなたも是非。


 

Posted by Kashiwa★da at 19:00 | Comments(0) | Tea Break / 雑記一服