太陽光発電でECO



2017年02月01日

<休憩一服> 都城の「幕末の道」を今の地図に落してみた

むか~しむかし、ここ 都城盆地は湖だった そうな。

今からおよそ2万9千年前に姶良火山が大噴火を起こします。これがとてつもない規模だった。
ご存知の方も多いだろう、桜島で南北に二分されている鹿児島湾の北側がそのカルデラ跡である。
・・・
果たして、湖は火山灰で埋まり、志布志湾へと繋がっていた川は塞き止められ北へと流れを変える。

 - ちなみにこの時代は氷河期で、それは凡そ7,8万年前から1万2千年前の6、7万年間。
 - 北海道は樺太~大陸と地続きだったらしいが、津軽海峡と対馬海峡はこの氷河期の時は海。
 - 時代で言えば石器時代だが、氷河期の終わりと共に日本はいよいよ縄文時代へと移行する。

・・・・・・
・・・・・・

子供の頃は全く不思議にも思わなかったのだが、故郷を出て他の町々を見ては、はたと疑問が。
 ・・・
■ 萩原川にしろ大淀川にしろ、町の中央を流れずに平地の際を流れているのは何故だろう?
■ それもわざわざ土手(堤と言った方がいいかな)を築いて。明らかに作為を持った位置に流れている。
■ 加えて、やたらと 「 〇〇原 」 の地名が多い。異常なくらい多い。原だらけなのは何故だ?


  
  大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


姶良大噴火によって生まれた都城盆地 だけれど、その性格もこの噴火で決定された。
・・・
起伏の無い平坦な土地には東・西・南の丘陵地から水が流れ込むようになる。
おそらく雨の多い季節はその時々で水の流れが盆地の中を彷徨ったことだろう。
そんな盆地である。水に浸からない僅かでも高い場所は特別な地として認識されていく。
即ち、それらが 「 原 」 である。

 - 菖蒲原、北原町、蔵原、小松原、中原、広原、都原、久保原町、蓑原 等々
 - ・・・
 - 今でも少しは残っているけれど、昔は東から西へと小さな流れが町中に存在していた。
 - 実はあの葉脈の如く東西に拡がっていた水網の地勢こそが都城の最たる特質だったのではないか。
 - 無くなったのがちょっともったいなかったかもとしばし感慨。

しかしながら、そのようなな地。治水こそは最重要の命題 だ。なんとかせねばならぬ。
その努力の結果が今に至る 萩原川、大淀川への付替え だろう。
広大な平地を守るために、丘陵地の際に堤で強制的に水の流れを押し込めた。

 - だが、いつ造られたのかが未だ判らず仕舞い。
 - 江戸初期には既に今の位置にあることは確認したが。(参照資料は後述)

この築造が今日の町を形成する第一歩だったと言える。

・・・・・・
・・・・・・

と、一応の結論を付け、まだ若かった私は時々都城の地図を引っ張り出しては眺めていた。
そして一本の流れるような線を地図の中に見出し、これが昔の主要な道の一つだと確信していた。

先日まで(笑)


  



都島から岳下橋を渡り西町を経て高架下をくぐると北東に道は曲がる。
今はもう消滅しているがその延長線上に道は伸び、千日通りへと弧を描いて繋がる一本の如何にもな線。

 - 付け替えられた大淀川はその後も氾濫を繰り返す。今に至ってもである。
 - 昔の道は(例えば東海道もそうだが)水を避けつつもギリギリキワキワに道を設えている。

間違いない。ここに都城の幹線の一つが走っていたはずだ。自信がある!!!

・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・

久しぶりに実家に帰ってみると、神棚の横に 「 幕末都城之図 」 なるものを見つけた。
家がいつもお世話になっている旭丘(ひのお)神社から頂いたと言う。

 - この 「 幕末都城之図 」 だが、ネットのどこかにないかと調べて見つけたのがこちら。
 - ● 全国遺跡報告閲覧:都城市中央東部地区史跡・旧街路等調査報告書
 - ・・・
 - pdf 資料のP11 に 元和元年(1615)と幕末の絵図 が置いてある。
 - また次ページP12には 昭和初期 (年代不明だが敷設線路から推測) の 「 都城市全図 」 も。

私が自信をもって信じていた 「 これが昔の道 」 などどこにもないではないか。
どうしたものか。どうするもこうするも、「 幕末都城之図 」 を検める他あるまい。

そして苦労の末、今の地図に落してみたものがこれだ。


  
  ※クリックで拡大 ( 1000*1200pxl )



改めて、都城の町が如何に スクラップアンドビルド を繰り返した来た かを思い知る。

 - 正確に落したかどうかには疑問が残る処もあるのだが、様子はほぼ把握できるはず。

道については諦めていたが、社寺仏閣等も根こそぎに無くなっている事実には衝撃を受けた。
・・・
上記、昭和初期 「 都城市全図 」 の地図上の至る所に番号がふってあり何かと思っていたら、
それらは、「○○跡」「○○跡」「○○跡」「○○跡」・・・・跡だらけである。

 - 理由を考えてみた。
 - ・・・
 - 江戸時代まで取り立てて取り柄の無い小さな小さな田舎の町。
 - ところが大正になってこの地にも鉄道がやって来た。吉都線、大正2年(1913)のことだ。
 - 3年後にはそれが宮崎まで伸びた。大正12年(1923)には志布志線も敷設される。
 - 最後になったが、昭和7年には鹿児島とも繋がり日豊本線が完成した。

鉄道敷設は町を大きく作り変える契機となった はずである。
・・・
小さかった町は鉄道ででかくなった。そして南九州の中核都市として発展することになる。
幸いにして町に後ろ髪を引かれるようなものなどもほとんどない。

壊せ、壊せ!新しい町だ。新しい町を作ろう!壊せ、壊せ!

善い悪いは別にして、そういう気風が都城にはありそうだ。じっくりと地図を眺め直したから判る。

・・・・・・
・・・・・・

ちなみに、私の妄想した道もあながち外れてはいないように思う。
・・・
西町からの斜め45度に走る道は私の全くの妄想道でしかなかったけれど、
南北に走っていた道の中で、その千日通りの道が最も西側にあったことが判るから。

 - これより西側には定常的な道(南北の)を作れなかったと見て良いのでは、やはり。


 

Posted by Kashiwa★da at 14:00 | Comments(0) | Tea Break / 雑記一服
 



2013年06月29日

<休憩一服> これが1974年の都城。空から。

日本の町は刻々と姿を変えていく。

・・・な、もんだから、昔の風景を思い出そうにも思い出せない。とても歯痒い。
これまでにも散々触れて来たけれど、区画整理された街で成功した例がないだけになおさらなのだ。

・・・・・・
・・・・・・

調べ物をしていると、時々「おぉぉぉ!」と雄叫びを上げてしまうサイトとの出会いがある。
・・・
本来は高度成長期だった '60年代の地図を捜していたのだけれど、そう容易くはないんだな、やはり。
あちらこちらとうろつき、そうこうしている内児に正に雄叫び!サイトを見つけた。

  - 残念ながら '60年代じゃないのがちょっとだけ悔やまれるけれど。

’70年代は 1974年の航空写真 である。キャプチャしたものを見てほしい。

1974年の都城 だ。


   
     クリックで拡大:1870*1410pxl


この撮影の前年に本駅前が区画整理されたはずである。あぁ数年早く撮影されていれば!惜しい。

  - なので、キャプチャ画から外してしまいました。

でも、西駅はまだあの小さな木造平屋の駅舎が映し出されているし、
市役所も以前の庁舎、その東隣には出来たばかりの図書館の姿も見える。

  - ここも数年早い撮影ならば駐車場になっている区域の姿が拝めたのに残念。

さて大丸、寿屋、ナカムラ・デパートはまだまだ健在、中央通りもまだまだ健在、
蔵原の交差点には確か江南って名だったかな、あるね。

  - 広口南西のスーパーは何て名だったか、店の変遷はあったのかな、でもここは小さいころからスーパーだった。
  - 小学校に上がる前はここで溶岩糖を買って貰うのが楽しみだったので忘れられない。

何よりも、きれいばっさり跡形もなく整理された中町の様子は、あぁコレコレ!な具合だ。嬉しい。

・・・・・・
・・・・・・

飽きもせずずうっ~と眺めているのだが、
これは昨今盛んに言われるようになった 「 コンパクトシティ 」 そのものじゃないの。

 ○ コンパクトシティ : Google 検索

ここに上手いこと駐車場を組み込めていたならば、別の現在があったんだろうなぁ。

ものごとはそう上手いこといかないと言うことだわね。

・・・・・・
・・・・・

ところで、この大変貴重なデータを開示しているのが何とあの Google Maps だったのは盲点だった。

ここである。 ○ Googleマップを使って国土地理院の地図を見る




もちろん日本全国を網羅しているので、過去の記憶と照らし合わせながらあっちこっちの街を見るのもウキウキだ。

  - サイト右上のボタンで切り替え。航空写真の拡大範囲が狭いので他の街に飛びたい時は「地図」で。

飽きない。いい一服タイムになる。あなたも是非。


 

Posted by Kashiwa★da at 19:00 | Comments(0) | Tea Break / 雑記一服
 



2013年04月21日

<休憩一服>都城が 「木の街」 になったら素敵だな!

先週、県木材利用技術センター「 木構造相談室 」 が設置されたとのニュースがありました。

 ○ 宮崎日日新聞 :木造拡大へ技術支援 県が相談室開設

宮崎日日新聞 : 2013年04月11日

 庁舎や学校、病院など公共建築物への利用によって木材需要を拡大するため、県は10日、「木構造相談室」を都城市花繰町の県木材利用技術センター内に開設した。

 木造建築や内装の木質利用へ、きめ細かな技術支援を行う。県内で初めて。

木材利用技術センター については、
  - 木材関連産業の加工技術の向上、新製品の開発等を支援することにより、木材の利用を促進し、
  - 林業、木材産業の振興を図ることを目的としています
と、そのHPに紹介があります。花繰町に立地している宮崎県の機関です。

さて、まずは再確認です。宮崎県はその様な専門機関も備える立派な林業県であること。

 ○ 3-1:都城の顔 「木材 - 杉」

そしてその研究施設が都城にあって、人が都城にいるということ。その重要さ、面白みです。

ところで、ようやく時代が「木造化」に動き出し始めたのには理由があります。
政治の 政策転換 です。ここでも扱われていました。

  ○ NHK クローズアップ現代 : 進む都市の“木造化”~林業再生への挑戦~

  


この流れと都城の持つポテンシャルをを思うと、
ここ十数年に新設された数々の公共的な施設がなぜ木造で造れなかったのだろうかと残念に思います。

  - もちろん新設された公共施設群がダメな建築と言っているわけではありませんけれども、
  - 持てるモノを生かせなかったことに、実に惜しい、もったいないの想いも禁じ得ません。

・・・・・・
・・・・・・

おそらくほぼ全ての自治体は 「我が街こそは 」 と活性化に向けた活動をされていると感じますが、
現在生き生きとした街を創り出して人々の関心を得ている処を一つ一つ調べていくと、
既に10年、いや20年~前から強い信念を持って動き出していたことを知ります。

WEB上にも参考になるサイトが幾つかありますが、今日はその中の一つを。

  ○ Japan Business Press : 地域振興

  


・・・・・・
・・・・・・

聞けば大丸跡地の活用も動き出すようで喜ばしい限りです。

これまでにも 「 都城ならではの将来街景 」 についての私の像は描いて居りますが、

  ○ 都城まん中が公園 project - 記事リスト

その跡地施設も含め、これからの公共性の強い建築に於いては、
是非 「 これが都城 」 の顔を持つ 木を生かした建築物 にして頂けたらどれほど素敵だろうと素直に思います。
また、そうあって欲しいと願わずにはいられません。
 

Posted by Kashiwa★da at 19:00 | Comments(0) | Tea Break / 雑記一服
 



2011年11月18日

<休憩一服>真黄色に染まる 「 祖父江 」 の町

おらが町の独自色。日本全国、どの街・町も 「 ○○~らしい街〔町) 」 を創り出そうと努力をしています。
もはや 「 街(町)間戦争 」 といっても良いくらい。

  - いつも頭の片隅にあるので気になっているためか、前回の記事でも前振りにちらりと書きました。
  -  ○ 3-6:都城の顔 「都城市民会館」造形、沈思黙考
・・・・・・

住民の殆どの人が景観イメージを共有している街・町に行くと羨ましいと言うより、私は少々悔しくもあります。
またそういった街・町が全国いたるところに存在しているのですから、尚更心穏やかではいられません。

  - 「 都城らしい和風 」 と言う捉えどころのないキーワードでは、そういった街・町の中に埋没してしまうでしょう。

それには 「和風 」 というテーマを押えつつも、その街にしかない「何か」を重ね合わせること 。
・・・
その 「 何か 」 は、それが 「 緑 」 であったり、「 祭り 」 であったり、「 食 」 であったり様々でしょうが、
結局のところ、それらを積み重ねて独自の景観、「 都城らしい景観 」 を創るしか手はないのです。

  - 「 都城の緑 / 自然風景 」 「 都城の祭り 」 「 都城の食 」 を 「 和風 」 と絡めていかねばなりません。

・・・・・・
昔からの風景・景観を引き継いだ街・町の多くは、それ故に近代化に乗り遅れたと思われたこともありました。
しかし今ではそれを逆手に取り、押しも押されもせぬ観光地として名を馳せる地も増えて来ましたね。
・・・
中でも 「 自然風景 」 の内に点在する集落、その佇まいに独自色を見出す地が脚光を浴びるようになりました。

  - 伝統的な家屋街景への眼差しはずっと以前から熱いものがありました。
  - ご承知のように、都城はこの方向での街景創りは望めません。

例えば湯布院黒川などの温泉郷は正にそのような見地から価値を創り出してきた地と言えます。
或いは信州安曇野小布施のような街・町なども、歩けばその骨格を 「 自然風景 」 に置いていることがよく判ります。

・・・・・・
・・・・・・

と言うことで、今回は本題からは外れるものの興味を惹かれる 「 自然風景 」 の町を一つ紹介したいと思います。

愛知県の西方、名古屋から見れば西北に位置する 「 祖父江町 」 です。

  - 観光地ではありませんから、おそらく他地方で御存知の方は少ないことと思います。
  - 現在は平成の合併により稲沢市に編入されています。

    クリックで拡大:900*1300pxl




  -    
  -    大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )



この季節、祖父江の町はまるっと黄色に染まるのです。 ほらっ!


    クリックで拡大:1300*900pxl  


御覧のように、イチョウの木で町一面が真黄色 です。
・・・
そして、この 「 祖父江 」 の町が面白いのは、これが観光を目的とした作為的な黄葉ではないことなのです。

  ○ 祖父江ぎんなん ~江戸時代から続く大粒ぎんなんのふるさと~

銀杏を栽培しているだけのことなのです。黄葉はそのおまけに過ぎないというわけですね。

  - ですから整備された順路コースがあるわけでもなし、○○饅頭とか○○煎餅とか売ってるわけでもなし。
  - もちろん土産物屋など無いし、腹が減っても店もない。普通の道に普通の家々、普通の集落。


    クリックで拡大:900*1300pxl



    クリックで拡大:1300*900pxl



    クリックで拡大:900*1300pxl



    クリックで拡大:900*1300pxl



    クリックで拡大:1300*900pxl



    クリックで拡大:900*1300pxl



おっと、今年のお祭り(イベント)は今週末からのよう。 ○ 第14回そぶえイチョウ黄葉まつり
・・・
行ける人は(笑) おにぎりでもバッグに忍ばせお出掛けください。

  - 無理ですよね。でも、こんな町もあるよ、ということでした。


    クリックで拡大:900*1300pxl
 

Posted by Kashiwa★da at 08:00 | Comments(0) | Tea Break / 雑記一服