太陽光発電でECO



島津荘水流百景-012 / 都城~(境界)~三股

2017年08月06日


     -  都城盆地、葉脈の如き数多くの水の流れでこの地の景が作られていたのではないか。
     -  私はそんな想いが日に日に増しています。
     -  
     -  その想いに至った理由については簡単ではあるけれど次の記事に記したので、宜しければどうぞ。
     -  ● <休憩一服> 都城の「幕末の道」を今の地図に落してみた
     -  
     -  ということで、都城を離れて数十年、時を失した感もありますが、
     -  ここ都城(島津荘)の街中で見られる水流の景色を少しづつでも記憶していきたいと思います。



    ● ● ●


    
     ※クリックで拡大 「 800*1200 」 : これ、姫城川の源流?


これまで度々触れてきた何とも不思議な「姫城川」と「柳河原川」の始点について。

 ※このことについては、以下の記事で触れてきた。
   ● 2017/03/24 : 島津荘水流百景-005 / 都城東公園
   ● 2017/04/14 : 島津荘水流百景-008 / 一万城町


一般的に川の始まる処は山あいの草の茂る岩の窪みなどからチョロチョロと水が流れ出し、
それを「源流」などと呼べば如何にも!な風情なんだけど、さて上の写真を見て如何でしょう?

一応、向こうからも振り返って見てみよう。


    
     ※クリックで拡大 「 800*1200 」 : 姫城川の源流の真上に立つ?


今、私は姫城川の源流の真上に立っているわけだけれど、いやはや何ともここは道路なのだ。
 ・・・
その?の説明には、上記の 2017/03/24 : 島津荘水流百景-005 / 都城東公園 で載せた地図が最適だ。
何のことを言っているか判らぬ人も多かろうから、ここに再掲しておきたい。

   この機会に、姫城川の変遷を航空写真で確認してみようと思い立つ。
   簡単に入手できる 1974年(国土地理院)の写真を現在のそれ(goo地図)を見比べてみたい。

   
   ※クリックで拡大 「 1540*2370 」 ※上から ●現在・地図 ●現在・航空写真 ●1974・航空写真

   ご自分で検証したい方はこちらのリンクを。
   ● 国土地理院 はこちら - 左上「情報」クリックして、「空中写真:1974~1978」を選択
   ● goo地図 はこちら - 左上で「地図」「航空」等を選択

    ・・・・・・

   姫城川の改修工事が始まってすぐの1974年の航空写真がなかなか面白い。
    ・・・
   現在の若葉町に当たる範囲では、元々の曲がりくねった川の姿がまだ残っている様子が見て取れる。
   一万城町の範囲は既に改修されたらしく既に現在の姿がそこにあるようだが、
   一本北を流れる柳川原川はまだ昔の姿を残しており、また当然ながら姫城川への放水路も見当たらない。

   ※2017/03/24 : 島津荘水流百景-005 / 都城東公園 から引用

この地図を見てもらうと一目瞭然だが、いきなり2つの川が出現している。
上が「柳河原川」で下が「姫城川」なのだが、三股町から都城市に入った地点で突如姿を現す。

   1974 年の時点で、既にその形態なのも判るはずだ。

一つ前の記事に書いた大垣の水門川だが、元々が堀だったという。
シラス台地に生まれる川も狭く深くシラスを削って行く。形状はまるで堀と言ってよい。それは現在の「姫城川」と「柳河原川」の姿形状を見れば頷けるはずだ。

   下刻(かこく)と言うのだそうだ。 ● 下刻作用(かこくさよう)とは - コトバンク

それなのにである、「姫城川」と「柳河原川」は一歩三股町に入った処で眼の前から姿が消える。
 ・・・
写真を見ての通り、川は突然に「堀」で始まっている。そしてその「堀」の横っ面から土管が何本か突き出ているのを知るが、その先の三股町では一面拡がる農地を見渡すしかない。

 ・・・・・・
 ・・・・・・

この三股町に於ける「姫城川」と「柳河原川」の有り様はどう理解すればよいのだろうか?
 ・・・
思うに、水管だけ埋設し元々あった川を埋め戻し平坦な一面の農地を造ったのではと推測するしかない。
しかし大雨時の増水での被害を見てしまうと、今のままでの治水法では如何ともしがたい気がする。
この眼で見た、大雨で流された土砂が川中に堆積し、その上草木がぼうぼうの放置状態だったあの「姫城川」の無様な姿が思い出されて仕方がない。

   景の醜さだけではない。水の流れが阻害されるのが問題なのだ。

結節点にワンクッション、丘陵地開発等で設ける貯水池のような設えでもあればとは思うけれど、
今となっては「◎△$♪×¥●&%#?!&%#▲」ってことだろう。
 ・・・
そしてまた、何故に川の姿、治水への対処法がここまで明確に違うのか、違ったのかという疑問も生まれるのだが、資料なり詳しい人となりとこのところ調べて廻るもも未だ成果なしである。そういうわけなので、しっかり調べ終えることが出来た暁にはエヘヘヘヘ、ヤッタゼと嬉々として報告したい。

 ・・・・・・
 ・・・・・・

そうそう、こちらが柳河原川の源流?である。 残念なことに、こちらも色気も何にもない。


    
     ※クリックで拡大 「 800*1200 」 : こちらは、柳河原川の源流?


  ● ● ● 


  
  大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

  ※ 柳河原川の場所は、ここから北に600m程のエル、ミドリ薬局の横。


  

Posted by Kashiwa★da at 16:00 | Comments(0) | Photo / 島津荘水流百景

 




水流百景・番外編002 / 大垣

2017年07月18日


     -  都城盆地、葉脈の如き数多くの水の流れでこの地の景が作られていたのではないか。
     -  私はそんな想いが日に日に増しています。
     -  
     -  その想いに至った理由については簡単ではあるけれど次の記事に記したので、宜しければどうぞ。
     -  ● <休憩一服> 都城の「幕末の道」を今の地図に落してみた
     -  
     -  ということで、都城を離れて数十年、時を失した感もありますが、
     -  ここ都城(島津荘)の街中で見られる水流の景色を少しづつでも記憶していきたいと思います。



   ● ● ●


街中に大きさや形状の似た川が流れている都市ってなかったかなぁ?で思い出したのが、大垣だ。
 ・・・
大垣市は人口16万人弱(H29,5月)ながら、関西と東海の結節点に位置する西濃の中核都市である。
それ故、大垣駅の平均乗車人員は 17,000人(日,H25)と相応に人の往来も多い。

   そう言えば、大垣から名古屋に通勤していた友人だけでも4・5人の顔は思い出せる。
   ・・・
   ちなみに、都城市は人口16万3千人(H29,5月)と大垣市よりも僅かではあるが人は多いものの、
   都城駅の平均乗車人員は 1,094人(日,H25)、西都城駅に至っては470人(同)と駅・鉄道の存在は隔世の感。


地の利、不利があるのは明らかなのだが、ここまでの格差を目にすると言葉がない。
実際に駅中での人の往来には昔日の都城の風景も去来し郷愁を覚えずにはいられなかった。

 ・・・・・・

ところで、大垣は 「水の都」 として知られている。湧き水が豊富なのである。

   大垣に限らず、岐阜は水の豊かな地である。

街中をクランクしながら流れる 「水門川」 はそもそも大垣城築城に併せて作られた外堀、且つ運河。
 ・・・
都城の街中河川はシラス台地という自然の歴史的背景の結果として堀形状となったと考えられるが、
人工的に作られた堀の形状、スケールに似ていることはつくづく面白い。
日本各地にある堀には、都城の河川景観への大きなヒントが隠されているのではないか!と確信する。

 ・・・・・・

日常に観光客が押し寄せる、なんてことは無いように感じられるけれども、
桜の季節やイベントの時期、或いは芭蕉・奥の細道ファンの人などにはお薦めの散策道だ。

   ● 大垣市HP > 水門川遊歩道「四季の路」
   ● 大垣・西美濃観光ポータル:水都旅 > 観光コース・マップ > 大垣市街地エリア
   ● 同上 > 観光パンフレット


   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   


また、この 「水門川」 で特筆すべきは川中に途切れることなく水草 「セキショウモ」 がなびいている水景。実に清らかで心も洗われ、気分がいい。

   ● 超水草図鑑 > テープ状水草 > セキショウモ
   ● 水面にも錦秋、大垣のたらい舟 水門川で見ごろ - 中部地方整備局(pdf ファイル)


   ● ● ● 


   
   大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


  

Posted by Kashiwa★da at 17:00 | Comments(0) | Photo / 島津荘水流百景

 




水流百景・番外編001 / 醒ヶ井(米原)

2017年06月16日


     -  都城盆地、葉脈の如き数多くの水の流れでこの地の景が作られていたのではないか。
     -  私はそんな想いが日に日に増しています。
     -  
     -  その想いに至った理由については簡単ではあるけれど次の記事に記したので、宜しければどうぞ。
     -  ● <休憩一服> 都城の「幕末の道」を今の地図に落してみた
     -  
     -  ということで、都城を離れて数十年、時を失した感もありますが、
     -  ここ都城(島津荘)の街中で見られる水流の景色を少しづつでも記憶していきたいと思います。



   ● ● ●


思っている以上に、日本のあちらこちらに水のきれいな地が数多あって驚いてしまうのだけれど、
観光気分半分、参考地勉強半分でそういった場所を訪れてみることはなかなかに楽しいものだ。

 ・・・・・・

さて、ここは琵琶湖の東北に位置する米原からちょっと内に入った処にある 「醒ヶ井」 だ。
訪れてみると実に小さな集落である。しかし凡そ 1km 程の地蔵川の清流に心を癒されること確実である。

流レの中に咲く花 「梅花藻」 で有名なのだが、私が訪れたGW中はまだ時期が早すぎたようだ。
見頃は今から8月一杯のようだから、自分の眼で見たい人はこの夏あたりどうだろうか。

   ● 滋賀県観光情報観光 > パンフレット > 醒井湧くわく街道図 (pdf)
    ・・・
   ● 滋賀県観光情報 > スポット > 地蔵川(梅花藻)
   ● 滋賀県観光情報 > イベント > 梅花藻(ばいかも)ライトアップ


   
   
   
   
   
   
   
   
   
   ※ 170505 撮影 : 醒ヶ井・地蔵川


なぜこんなにも澄んだ流れなんだろうか?
実は集落内の加茂神社の袂にある 「居醒の清水」 から湧水なのだ。
 ・・・
とは言え、川沿いに立ち並ぶ家々を直に見ると人々の努力をひしひしと感じる。
景観や環境の美しさは人あってのものであることを痛感するのはこういう時だ。

 ・・・・・・
 ・・・・・・

ここは小さな集落だけれど、例えば相応の市街地の中にこの 「地蔵川」 が出現したらどうなるだろう。
 ・・・
これぞオアシス。水の力。のんびり、ゆったり、コーヒーを飲みたくなったのは私だけだろうか?


   ● ● ● 


   
   大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


  

Posted by Kashiwa★da at 16:00 | Comments(0) | Photo / 島津荘水流百景

 




4-15[仮想プラン] 神柱公園・参道計画

2017年06月09日

     -  おことわり
     -  
     -  「 都城まん中が公園 project 」 は、私 Kashiwa★da による個人的思索による街づくり計画案です。
     -  ・・・
     -  文章によるだけの概念的なものでは充分な伝達が困難だと考えますので、
     -  現実の都城の地理を利用して、私の欲する 「 都城 」 の将来の街景の絵を紡いでいきたいと思います。
     -  その為の手法として、規制をせず地図上のあらゆる敷地に勝手なプランを描くこと、
     -  この時に権利関係、法規関係、金銭関係等は無視してしまうことをお許し願いたいと存じます。
     -  
     -  読んで下さった方で、何か感じ考え思うこと等何でも教えて頂けると助かります。
     -  ※最終形が決まっている訳ではありません。その都度修正しつつ Version をアップしていく考えです。



● Version 007 : 神柱公園・参道計画  < Block-B >


前回記事 「 島津荘水流百景-011 / 神柱公園2 」 で触れた神柱宮前に延びる公園内の市道を相応の参道にと目論む計画である。

   大元の市による公園整備計画の配置図には 「中央ゲート」 と記載されており、なるほど!やはりなと感じたが、
   その地理的な特質を活かしそのまま素直に 「参道」 化すればよいではないか。


参道は日本の景を形作る伝統の型。公園と一体的に整備できれば申し分ない。地図で確認してみよう。


  
  大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


公園だけでなくより広域の地図を示したのには、もちろん理由がある。
 ・・・
地図中央に見える妻が丘中の東側に南北に緑の道が延びているのが判るだろうか。
元は用水路であったが、その役目を終え昭和61年に生まれ変わった 「高木原緑道」 だ。

 ● 日本ねっ島 > 宮崎県 > 都城市 > 高木原緑道

中央に緑に囲まれた歩行者道が設えられ、その両脇には車道が走っている。
つまり 「車道 - 緑道 - 車道」 の並びで三つの道がワンセットになっているわけである。
 ・・・
この 「高木原緑道」 の幅員が、件の参道化を目論む道の幅員とほぼ等しい のだ。

   地図上で確認すると、双方共20m程だろうか。

と言うことは、神柱宮前にも 「高木原緑道」 と同様な道を造ることは出来そうである。
言うまでもないが、緑道と同じ 「車道 - 緑道 - 車道」 で構成される参道となる。

現状は図らずも公園を分断する形になっている神柱宮前の道は、
「 神柱宮参道 」 の役割を与えることで、更に公園を一体的に結び付ける働きも担うだろう。


 
   ※クリックで拡大:930*1050pxl ゼンリン地図 いつもNAVI をキャプチャして利用

   ● ● ●

暫らくアップしていなかったので、これまでの 「仮想プラン」 全体像の図も載せておこう。

 
  ※クリックで拡大:1535*1700pxl ゼンリン地図 いつもNAVI をキャプチャして利用


・・・・・・
・・・・・・


※  「 Block 図 」 はこちらの地図を参照

  
  ※クリックで拡大:1100*1100pxl ゼンリン地図 いつもNAVI をキャプチャして利用

  

 




島津荘水流百景-011 / 神柱公園2

2017年06月02日


     -  都城盆地、葉脈の如き数多くの水の流れでこの地の景が作られていたのではないか。
     -  私はそんな想いが日に日に増しています。
     -  
     -  その想いに至った理由については簡単ではあるけれど次の記事に記したので、宜しければどうぞ。
     -  ● <休憩一服> 都城の「幕末の道」を今の地図に落してみた
     -  
     -  ということで、都城を離れて数十年、時を失した感もありますが、
     -  ここ都城(島津荘)の街中で見られる水流の景色を少しづつでも記憶していきたいと思います。



 ● ● ●


 
 ※クリックで拡大 「 1200*800 」 : 年見川に架かる橋上から。左手奥が神柱宮。


前回記事で紹介した親水空間が写真中央に見えている。両岸を繋ぐものは何もない。
向かい側に行くにはこの橋しかない。

   再び思うに、飛び石でも吊り橋でも何かあれば面白いのにな。

撮影したこの場所は年見川に架かる橋の上で、写真の左手奥が神柱宮である。
神柱宮そのものは左程広い境内を持つわけではない為、この参道替わりの道の役割は大きい。

   おそらくは市道であろう。

そして、この疑似参道と年見川に絡み合わせて公園が一体整備されていると言うわけだ。
加えて、北側にできた文化ホールも公園と動線が繋がるように整備されたことが判る。

 ● 都城市公式HP > ・・・> 公園 > 神柱公園

   
   ※ 上記ページ内にある公園施設案内図:クリックで当該ページを開きます。※pdf ファイル


ただ惜しむらくは、この疑似参道が参道として生きているかと言えば必ずしもそうではないこと。
現状は 「車の車による車のための空間」 の性格が強いように思える。実はずっと昔からだが。

   写真、施設案内図からも見て取れるが、車道と駐車スペースによって公園が分断されている感が強い。

この空間が 「車の車による車のための空間」 から抜け出した時、神柱公園は大化けするだろう。
いやなに、この疑似参道、そもそもの意味付け・思いは施設案内図にちゃんと答が書いてある。
 ・・・
わざわざ矢印表記:⇔を描き入れて 「中央ゲート」 とあるのが判るだろうか。
公園の入口部にはそれぞれ駐車場が整備され、歩車分離の配慮も伺える。

   時には台数の問題はあるだろう。必要に応じて開放する柔軟性は求められる。

「中央ゲート」 の意味は曖昧だが、少なくとも車道と駐車だけの空間とは考えていなかっただろう。

 ・・・・・・
 ・・・・・・

仮に、この 「中央ゲート」 が参道らしい参道になったとする。緑に囲まれた人のための道である。
親水場の川面には飛び石が置かれ、その頭上には吊り橋で公演が繋がっている。

これだけで神柱宮のみならず公園の雰囲気ががらりと変わる。人の活動も多様になる。・・・はず。


 
 ※クリックで拡大 「 1200*800 」 : 渡れたらねぇ。右奥に疑似参道に架かる橋。


記憶の中ではずっと神柱公園は桜に包まれていたのだが、違っていた。
えぇ、そうだったっけ?ずっと長い間、記憶の中で勝手に勘違いしていた。

 
 ※クリックで拡大 「 1200*800 」 : 南側子供広場、奥に桜が見える。


  ● ● ● 


  
  大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


  

Posted by Kashiwa★da at 16:00 | Comments(0) | Photo / 島津荘水流百景

 

このページの上へ▲