太陽光発電でECO



2017年11月17日

島津荘水流百景-015 / 祝吉(郡元町)


     -  都城盆地、葉脈の如き数多くの水の流れでこの地の景が作られていたのではないか。
     -  私はそんな想いが日に日に増しています。
     -  
     -  その想いに至った理由については簡単ではあるけれど次の記事に記したので、宜しければどうぞ。
     -  ● <休憩一服> 都城の「幕末の道」を今の地図に落してみた
     -  
     -  ということで、都城を離れて数十年、時を失した感もありますが、
     -  ここ都城(島津荘)の街中で見られる水流の景色を少しづつでも記憶していきたいと思います。



    ● ● ●


    
    
     ※クリックで拡大 「 一枚目:1200*800、二枚目:1200*800)」 : ここは昔懐かしき用水路


冒頭に書いている通り、いつからかこの地にあったであろう水の流れを想像するようになった。
 ・・・
盆地である。人工的護岸で固められる以前、周りの山々から流れ出てくる水はこのシラスで覆われてしまった擂り鉢の中でどのような流れを描いていたのだろうか。私の興味はそこにあるし、実は将来の都城「水流」理想像も素直にそこにあった姿への回帰、再生ではないのかとの感触もある。

    川に関心が向いたのは故郷を出て初めて住んだ町が京都だったことにある。
    同じ盆地なのに川の景観が全く違ったからだ。街の中心を流れる鴨川にも洛西の桂川にも堤(土手)がない。
    これは気になる。 と言うことから、それからは行く先々の川の様子は必ず確かめるように。
     ・・・
    賀茂川には堤があるじゃないかって? でもあれは、付け替えて鴨川に合流(Yの字に)させたため。
    この付け替えの事実は堤のある川が生まれる答の一つで、眼から鱗だった。


これまで何か所か見てきて判るように、町に葉脈の如く存在していた古の「水流」は治水工事を重ねる中でほとんどがその姿を消失してしまっている。あるものは消え、あるものは暗渠へと姿を変えて。

ところが、嬉しいことにこの地にもまだ「島津荘」を彷彿させる「水流」が残されている。ここは市街地(の近場)での唯一の救い、「島津荘」の良心と言ってもよい。


    
     ※クリックで拡大 「 800*1200 」 : 河岸段丘の足元を


祝吉は「島津荘」の治世の中心地だった処である。その北側には鰐塚山麗に源を発した沖水川が流れる。
 ・・・
あと 1km 程も下れば大淀川に合流するのだが、面白いのはここに少し上流の三股町から 3m~程の河岸段丘が見られることだ。

    現在の沖水川左岸(南側)は堤で流れを押えられているのだが、
    元は洪水時は特に、この段丘部まで水が押し寄せていたことが伺われる。


「島津荘」の良心はその段丘の足元に流れる。現地に農業用水路との説明はあるのだが、この流れの正式名称は全く知れない。ホタル生息地として大切に守られていることから「祝吉ホタルの里」の名だと通りがいいようだ。
 ・・・
用水路とあるが全く何もない処に流れを通したものとは思えない。沖水川とこの段丘の間に有した小さな流れをこの段丘下に整えたもののような気がしてならない。ともあれ、実に誇らしい水の流れである。


    
     ※クリックで拡大 「 800*1200 」 : 横断する道との交わり部に親水空間


東から西に流れる用水には数か所南北に道路が横断しているのだが、そこには流れに触れる設えが見える。昔は町のあちらこちらに似たような設えが見られたのであろうか?いついつまでも残しておきたい貴重な遺産だ。
 ・・・
小さくではあるが、下の写真の右側に田の神(たのかんさぁ)も見えている。


    
     ※クリックで拡大 「 800*1200 」 : ここにも奥に階段の設えがある


東は国道269号の少し入った場所から西は元高木原用水路(現在は道路)の高架橋下までの凡そ1.2km。
北には沖水川があり、段丘が北に落ちている故に街からは見えぬ隠れたことが幸いしたのだろうか、秘密の隠れ家。
 ・・・
暑い夏の散歩にも持ってこいだったが、ホタルが乱舞する季節はまた見事なのだろう。


    
    
     ※クリックで拡大 「 800*1200 」 : 水のざわめきときらめき


    ● ● ● 


    
    大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


 

Posted by Kashiwa★da at 17:00 | Comments(0) | Photo / 島津荘水流百景
 



2017年10月22日

島津荘水流百景-014 / 早水公園


     -  都城盆地、葉脈の如き数多くの水の流れでこの地の景が作られていたのではないか。
     -  私はそんな想いが日に日に増しています。
     -  
     -  その想いに至った理由については簡単ではあるけれど次の記事に記したので、宜しければどうぞ。
     -  ● <休憩一服> 都城の「幕末の道」を今の地図に落してみた
     -  
     -  ということで、都城を離れて数十年、時を失した感もありますが、
     -  ここ都城(島津荘)の街中で見られる水流の景色を少しづつでも記憶していきたいと思います。



    ● ● ●


    
    
     ※クリックで拡大 「 800*1200 (冒頭一枚目は 800*800)」 : ここが早水湧水の場所とのこと
     ※以下、全ての写真はクリックで拡大 「 800*1200 」

現在、早水公園として整備されているこの地、話は5世紀初頭の頃、応神天皇がその美貌を耳にし召し抱えようとしたところ、後に仁徳天皇となる皇太子が一目惚れしてしまい自分の妃に迎えるに至ったという髪長姫の生まれた処になる。

    現在は大仙陵古墳と言う様になっているけれど、一昔までは仁徳天皇陵で有名なあの仁徳天皇。
    日本で一番、と言うより世界で一番でっかいお墓だ。古墳の長さがなんと486m、高さは後円部で35.8m。


その髪長姫が産湯をつかった湧水が上記の写真の場所である。
1枚目に写る看板の左下、2枚目は裏に回りこんで右下に見えているのが、湧水場所らしい。
 ・・・
前回記事の「013 / 祓川(はらいがわ)湧水」と比べてしまうと、正直ちょっと残念な感じは否めない。

    飲料禁止かつ水量の少なさも残念だったが、都城で他にないせっかくの場所なのに「景」が何とももったいない。
    せめて那智勝浦の「ぶつぶつ川」ぐらいの体裁があればなぁ、との思いも。 ● Google 画像検索 - ぶつぶつ川



    
    
    
    
    
    


公園を二分するように幹線道路が走る車道優先の整備には戸惑うが、ここまでが公園の東半分だ。
 ・・・
赤い太鼓橋の掛かる池が「髪長姫池」(2枚)、ジグザグの渡りのある池が「鷹取池」(2枚)、その下、同じくジグザグ渡りのある「釣鐘池」(2枚)になる。

公園の案内マップがあるので、市の公式ページを記しておこう。案内マップには池名も記載してある。
 ● 早水公園 - 都城市ポータルサイト - 都城市公式ホームページ

ところで、1974年の早水公園はどんな風だったか、やはり興味が湧いてくる。周囲はまだまだ田畑が多く拡がる様子だが、既に道路で真っ二つな様子。おそらくは、高度成長に突き進んでいたこの70年代半ばに於いて、一つの公園として纏めようなどという発想は露ほども無かったのだろうと推測できる。現在の道路拡幅も40年経って今更ということなのだろうか。

    
     ※クリックで拡大 「 1200*1000」 : 1974 航空写真で見る早水公園


では、これから下が公園西側になる。道路を横断し、まずは「御園池」から。
5月はゴールデンウィーク辺りで、青空に紫に咲き誇るあやめの季節ではないのが申し訳ないけれど。


    
    
    
    
    
    


池中に東屋が設けてあるのが「御園池」(2枚)、せせらぎ庭園風に造園してあるのが「茜川」(1枚)、橋が架かり池の周りに遊歩道が設えて得るのが「紫の池」(3枚)になる。
 ・・・
公園内には体育館もあり、また立派な新設の弓道場なども整備中である。歩いてみると、それなりの広さがあることが判り、そして思ったのだ。 「ん?熊本の水前寺公園とか金沢の兼六園ってどのくらいの広さだったかな?似たようなもんじゃないのか?」と。

で、帰って早々に地図で拾ってみた。

    
     ※クリックで拡大 「 1460*2590 」 : 早水公園 と 水前寺公園 と 兼六園


ほら、広さ的には十分張り合えるようなぁ。そりゃ到底イニシャルもランニングも金掛けた日本庭園なんか望んではいないけれど、散歩に最高な一筆書き周遊遊歩道と包み込むような植栽があるなら、天下の庭園たちにも負けないんじゃないかなぁ。無理かなぁ。


    ● ● ● 


    
    大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )



 

Posted by Kashiwa★da at 16:00 | Comments(0) | Photo / 島津荘水流百景
 



2017年10月15日

島津荘水流百景-013 / 祓川(はらいがわ)湧水


     -  都城盆地、葉脈の如き数多くの水の流れでこの地の景が作られていたのではないか。
     -  私はそんな想いが日に日に増しています。
     -  
     -  その想いに至った理由については簡単ではあるけれど次の記事に記したので、宜しければどうぞ。
     -  ● <休憩一服> 都城の「幕末の道」を今の地図に落してみた
     -  
     -  ということで、都城を離れて数十年、時を失した感もありますが、
     -  ここ都城(島津荘)の街中で見られる水流の景色を少しづつでも記憶していきたいと思います。



    ● ● ●


    
     ※クリックで拡大 「 800*1200 」 : 秡川湧水、水汲み場から流れを見る


霧島山系の麓に拡がっていた島津荘にも、御多分に漏れず幾つかの湧水がある。
 ・・・
この「祓川湧水」は御池の傍に位置し、その名は神武天皇誕生の際に体を祓い清めたことに由来する。

  ● 伝承地詳細 : 祓原・祓川 高原町|100の伝承地|ひむか神話街道

前回記事、「姫城川」と「柳河原川」のモヤモヤがあるだけに、これぞ川の源、起点だと溜飲が下がる。
だからと言うこともないが、実に清々しい思いに包まれる。

水の清らかさに加え、周りの緑や石も美しい。空気も美味い。いやはや自然が作り出す環境は最強だ。


    
     ※クリックで拡大 「 800*1200 」 : 秡川湧水、水と緑と・・・


思いの外水量も多く、水汲みに来る人も多そうだ。地元の人に愛されていることも伺える。
 ・・・
ところで、日本の水はヨーロッパの水と違って軟水であるとよく言われる。

  ● Wikipedia : 硬度(水) - 水の分類
   ・・・
  ● せっけんライフ : 世界の水の硬度
  ● 水広場 : ヨーロッパミネラルウォーター 一覧

   残念ながら、ネット上では「祓川湧水」の水質の詳細は得られず。
   高原町「水質検査計画」は出てくるのだが、それに対応する検査結果はどこだろう?


だが霧島周辺で採取される水には中硬水~硬水が多いことはその特異な地形・地質のせい。もちろんミネラル分も多く、特にシリカ含有を売りにしているようだ。取りあえず、参考程度には。

   気になったので、ちょっとネットで調べてみた。
    ・・・
   ■ ファミリーマート 「霧島の天然水」 : 160mg / l
   ■ ディノス 「きりしまの名水 始元水」 : 171.2mg / l
   ■ 霧島天然水販売 「極天然水」 : 130mg / l
   ■ 福地産業 「福寿鉱泉水」 : 384mg / l
     ・・・
   ■ 霧島酒造 「霧島裂罅水」 : 39.8mg / l (軟水)
   ■ 湧水町 「丸池湧水」 : 30〜48mg / l (軟水)
     ・・・
   ■ 周辺自治体の水道水はほとんどが軟水。



    
     ※クリックで拡大 「 800*1200 」 : 秡川湧水の水汲み場


    ● ● ● 


    
    大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


 

Posted by Kashiwa★da at 16:00 | Comments(0) | Photo / 島津荘水流百景
 



2017年08月06日

島津荘水流百景-012 / 都城~(境界)~三股


     -  都城盆地、葉脈の如き数多くの水の流れでこの地の景が作られていたのではないか。
     -  私はそんな想いが日に日に増しています。
     -  
     -  その想いに至った理由については簡単ではあるけれど次の記事に記したので、宜しければどうぞ。
     -  ● <休憩一服> 都城の「幕末の道」を今の地図に落してみた
     -  
     -  ということで、都城を離れて数十年、時を失した感もありますが、
     -  ここ都城(島津荘)の街中で見られる水流の景色を少しづつでも記憶していきたいと思います。



    ● ● ●


    
     ※クリックで拡大 「 800*1200 」 : これ、姫城川の源流?


これまで度々触れてきた何とも不思議な「姫城川」と「柳河原川」の始点について。

 ※このことについては、以下の記事で触れてきた。
   ● 2017/03/24 : 島津荘水流百景-005 / 都城東公園
   ● 2017/04/14 : 島津荘水流百景-008 / 一万城町


一般的に川の始まる処は山あいの草の茂る岩の窪みなどからチョロチョロと水が流れ出し、
それを「源流」などと呼べば如何にも!な風情なんだけど、さて上の写真を見て如何でしょう?

一応、向こうからも振り返って見てみよう。


    
     ※クリックで拡大 「 800*1200 」 : 姫城川の源流の真上に立つ?


今、私は姫城川の源流の真上に立っているわけだけれど、いやはや何ともここは道路なのだ。
 ・・・
その?の説明には、上記の 2017/03/24 : 島津荘水流百景-005 / 都城東公園 で載せた地図が最適だ。
何のことを言っているか判らぬ人も多かろうから、ここに再掲しておきたい。

   この機会に、姫城川の変遷を航空写真で確認してみようと思い立つ。
   簡単に入手できる 1974年(国土地理院)の写真を現在のそれ(goo地図)を見比べてみたい。

   
   ※クリックで拡大 「 1540*2370 」 ※上から ●現在・地図 ●現在・航空写真 ●1974・航空写真

   ご自分で検証したい方はこちらのリンクを。
   ● 国土地理院 はこちら - 左上「情報」クリックして、「空中写真:1974~1978」を選択
   ● goo地図 はこちら - 左上で「地図」「航空」等を選択

    ・・・・・・

   姫城川の改修工事が始まってすぐの1974年の航空写真がなかなか面白い。
    ・・・
   現在の若葉町に当たる範囲では、元々の曲がりくねった川の姿がまだ残っている様子が見て取れる。
   一万城町の範囲は既に改修されたらしく既に現在の姿がそこにあるようだが、
   一本北を流れる柳川原川はまだ昔の姿を残しており、また当然ながら姫城川への放水路も見当たらない。

   ※2017/03/24 : 島津荘水流百景-005 / 都城東公園 から引用

この地図を見てもらうと一目瞭然だが、いきなり2つの川が出現している。
上が「柳河原川」で下が「姫城川」なのだが、三股町から都城市に入った地点で突如姿を現す。

   1974 年の時点で、既にその形態なのも判るはずだ。

一つ前の記事に書いた大垣の水門川だが、元々が堀だったという。
シラス台地に生まれる川も狭く深くシラスを削って行く。形状はまるで堀と言ってよい。それは現在の「姫城川」と「柳河原川」の姿形状を見れば頷けるはずだ。

   下刻(かこく)と言うのだそうだ。 ● 下刻作用(かこくさよう)とは - コトバンク

それなのにである、「姫城川」と「柳河原川」は一歩三股町に入った処で眼の前から姿が消える。
 ・・・
写真を見ての通り、川は突然に「堀」で始まっている。そしてその「堀」の横っ面から土管が何本か突き出ているのを知るが、その先の三股町では一面拡がる農地を見渡すしかない。

 ・・・・・・
 ・・・・・・

この三股町に於ける「姫城川」と「柳河原川」の有り様はどう理解すればよいのだろうか?
 ・・・
思うに、水管だけ埋設し元々あった川を埋め戻し平坦な一面の農地を造ったのではと推測するしかない。
しかし大雨時の増水での被害を見てしまうと、今のままでの治水法では如何ともしがたい気がする。
この眼で見た、大雨で流された土砂が川中に堆積し、その上草木がぼうぼうの放置状態だったあの「姫城川」の無様な姿が思い出されて仕方がない。

   景の醜さだけではない。水の流れが阻害されるのが問題なのだ。

結節点にワンクッション、丘陵地開発等で設ける貯水池のような設えでもあればとは思うけれど、
今となっては「◎△$♪×¥●&%#?!&%#▲」ってことだろう。
 ・・・
そしてまた、何故に川の姿、治水への対処法がここまで明確に違うのか、違ったのかという疑問も生まれるのだが、資料なり詳しい人となりとこのところ調べて廻るもも未だ成果なしである。そういうわけなので、しっかり調べ終えることが出来た暁にはエヘヘヘヘ、ヤッタゼと嬉々として報告したい。

 ・・・・・・
 ・・・・・・

そうそう、こちらが柳河原川の源流?である。 残念なことに、こちらも色気も何にもない。


    
     ※クリックで拡大 「 800*1200 」 : こちらは、柳河原川の源流?


  ● ● ● 


  
  大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

  ※ 柳河原川の場所は、ここから北に600m程のエル、ミドリ薬局の横。


 

Posted by Kashiwa★da at 16:00 | Comments(0) | Photo / 島津荘水流百景
 



2017年07月18日

水流百景・番外編002 / 大垣


     -  都城盆地、葉脈の如き数多くの水の流れでこの地の景が作られていたのではないか。
     -  私はそんな想いが日に日に増しています。
     -  
     -  その想いに至った理由については簡単ではあるけれど次の記事に記したので、宜しければどうぞ。
     -  ● <休憩一服> 都城の「幕末の道」を今の地図に落してみた
     -  
     -  ということで、都城を離れて数十年、時を失した感もありますが、
     -  ここ都城(島津荘)の街中で見られる水流の景色を少しづつでも記憶していきたいと思います。



   ● ● ●


街中に大きさや形状の似た川が流れている都市ってなかったかなぁ?で思い出したのが、大垣だ。
 ・・・
大垣市は人口16万人弱(H29,5月)ながら、関西と東海の結節点に位置する西濃の中核都市である。
それ故、大垣駅の平均乗車人員は 17,000人(日,H25)と相応に人の往来も多い。

   そう言えば、大垣から名古屋に通勤していた友人だけでも4・5人の顔は思い出せる。
   ・・・
   ちなみに、都城市は人口16万3千人(H29,5月)と大垣市よりも僅かではあるが人は多いものの、
   都城駅の平均乗車人員は 1,094人(日,H25)、西都城駅に至っては470人(同)と駅・鉄道の存在は隔世の感。


地の利、不利があるのは明らかなのだが、ここまでの格差を目にすると言葉がない。
実際に駅中での人の往来には昔日の都城の風景も去来し郷愁を覚えずにはいられなかった。

 ・・・・・・

ところで、大垣は 「水の都」 として知られている。湧き水が豊富なのである。

   大垣に限らず、岐阜は水の豊かな地である。

街中をクランクしながら流れる 「水門川」 はそもそも大垣城築城に併せて作られた外堀、且つ運河。
 ・・・
都城の街中河川はシラス台地という自然の歴史的背景の結果として堀形状となったと考えられるが、
人工的に作られた堀の形状、スケールに似ていることはつくづく面白い。
日本各地にある堀には、都城の河川景観への大きなヒントが隠されているのではないか!と確信する。

 ・・・・・・

日常に観光客が押し寄せる、なんてことは無いように感じられるけれども、
桜の季節やイベントの時期、或いは芭蕉・奥の細道ファンの人などにはお薦めの散策道だ。

   ● 大垣市HP > 水門川遊歩道「四季の路」
   ● 大垣・西美濃観光ポータル:水都旅 > 観光コース・マップ > 大垣市街地エリア
   ● 同上 > 観光パンフレット


   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   


また、この 「水門川」 で特筆すべきは川中に途切れることなく水草 「セキショウモ」 がなびいている水景。実に清らかで心も洗われ、気分がいい。

   ● 超水草図鑑 > テープ状水草 > セキショウモ
   ● 水面にも錦秋、大垣のたらい舟 水門川で見ごろ - 中部地方整備局(pdf ファイル)


   ● ● ● 


   
   大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


 

Posted by Kashiwa★da at 17:00 | Comments(0) | Photo / 島津荘水流百景