太陽光発電でECO

島津荘水流百景-010 / 神柱公園1

2017年05月19日


     -  都城盆地、葉脈の如き数多くの水の流れでこの地の景が作られていたのではないか。
     -  私はそんな想いが日に日に増しています。
     -  
     -  その想いに至った理由については簡単ではあるけれど次の記事に記したので、宜しければどうぞ。
     -  ● <休憩一服> 都城の「幕末の道」を今の地図に落してみた
     -  
     -  ということで、都城を離れて数十年、時を失した感もありますが、
     -  ここ都城(島津荘)の街中で見られる水流の景色を少しづつでも記憶していきたいと思います。



 ● ● ●


 
 ※クリックで拡大 「 1200*800 」 : 公園と年見川を繋ぐ階段と河岸の平場。


市の中心部に鎮座する神柱宮の膝元にあり、市民の利用も多い公園である。

   子供の頃は公園西側にある池で貸ボートが漕げたが、今はその面影はない。

神柱宮は明治6年にこの場所に移されたと言うが、
公園自体は昭和10年の地図にはまだ影も形もない処をみると、設置はずっと後のようだ。
 ・・・
もともと都市内緑地公園というよりグラウンド公園の性格が強く、今は催事利用も多いようだ。
また北に総合文化センターが隣接して作られたので、利用形態も多種多様なことが伺われる。


   
   ※クリックで拡大 「 700*960 」 ©国土地理院&©goo地図 : もちろん1974年には既に公園がある。


昔のボートの代わりでもなかろうが、公園内を横切る年見川が親水空間として整備されている。

 ● 年見川プロムナード整備事業(宮崎県) - 九州地方計画協会

私は都城を長い間離れていたので全く知らなかったが、平成14年度完成とのことである。
既に15年近くも経っていることになる。

   もう市民には目新しさなんてどっかに行っちゃってるんだろうか。
   ウキウキと写真なんぞ撮っているのは私ぐらいのもんかもしれない!(笑)


以前に触れた 「 都城東公園 」 をはじめ、市内河川の維持管理が半ば放置状態で堪らなく残念だが、
さすがに公園と接しているこの親水護岸は日々の手入れがされているようでちょっと救われる。


 
 ※クリックで拡大 「 1200*800 」 : 南側の公園に作られている河岸階段から。


ここの面白さは両岸整備ですり鉢型にぎゅっと空間を閉じ、ここだけの気配を創ったことにある。
なのに、ここには両岸を結ぶ飛び石がない。行き来ができれば、水ともより親しめるはずだ。
 ・・・
それは川上に施されたちょっと仕掛けに気付いた時に確信になった。いや実にに勿体無い。
そのちょっとした仕掛けというのが、この落差工。


 
 ※クリックで拡大 「 1200*800 」 : 川上に設けられている落差工。


本来機能工学的に施工されるものだろうが、こうやって公園内に設けられると親しみが増すことが判る。
 ・・・
ちっちゃな滝だけど、見れば見るほどこの親水空間のアイストップ的な存在とも言える。
例えば流れ落ちる水の後ろからライトアップでもされていれば、公園に夜の魅力も加わる。

その光る滝を、川の中心に立って正面から見てみたい。


  ● ● ● 


  
  大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )




同じカテゴリー(Photo / 島津荘水流百景)の記事画像
島津荘水流百景-013 / 祓川(はらいがわ)湧水
島津荘水流百景-012 / 都城~(境界)~三股
水流百景・番外編002 / 大垣
水流百景・番外編001 / 醒ヶ井(米原)
島津荘水流百景-011 / 神柱公園2
島津荘水流百景-009 / 八幡町
同じカテゴリー(Photo / 島津荘水流百景)の記事
 島津荘水流百景-013 / 祓川(はらいがわ)湧水 (2017-10-15 16:00)
 島津荘水流百景-012 / 都城~(境界)~三股 (2017-08-06 16:00)
 水流百景・番外編002 / 大垣 (2017-07-18 17:00)
 水流百景・番外編001 / 醒ヶ井(米原) (2017-06-16 16:00)
 島津荘水流百景-011 / 神柱公園2 (2017-06-02 16:00)
 島津荘水流百景-009 / 八幡町 (2017-04-21 16:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。