太陽光発電でECO

2-12 「路地空間」を創出したSC、喪失した商店街 no弐

2013年07月18日

no壱では、土地の効率化偏重によって旧来商店街が 「路地空間」 を喪失してしまったことを述べました。

 ○ 2-11 「路地空間」を創出したSC、喪失した商店街 no壱

・・・・・・
・・・・・・

さて、人がいなくなってしまった日本の地方都市の中心市街地を考える時に、
その 「路地空間」 の構造的な要素を押えておくことも無駄ではないと思います。
・・・
私なりの視点は次の3点です。

その1 ● 「路地空間」 の心地よさ を探れば、その 「ヒューマンスケール」 こそが鍵です。

くどくどと説明するのも野暮。最適の説明図を芦原義信氏の著作から拾い出してみます。


  
    クリックで拡大:1500*1030pxl


人は 心地よいと感じるテリトリースペースがある ことが知られていますし、
広大な空間にポツンと置かれるよりも 包まれている空間に安らぎを得る ことも知られています。
・・・
「 車 」 は、装置として人を包み込むという特徴を有していることで私たちにその自覚を促してくれますが、
街空間での存在においては、そこで人のテリトリースペースの観念は消滅しています。
もはや、知ったこっちゃない。関係ねぇだろなのですね。

  - 「 車 」 に合わせた街空間の無常さはそこにあります。
  - 「 車 」 が及ぼすスペースへの関与はただ物理的な規定優先の設計がなされているだけです。
  - ・・・
  - 私が初めてコルビュジェの輝く都市の画を見た時に嫌悪感を抱いたのは正しくそれが理由でした。
  -  ○ Google 画像検索 - コルビュジェ 輝く都市

「 人 」 は 「 車 」 から街を取り戻さなければなりません。

・・・

その2 ● 相対しつつも共生関係 にある 「 路地 ⇔ 建物群 」 の構造 (構成関係 )です。

これは 「図と地」 の関係と言い換えても差し支えないでしょう。

  - この関係は日本人にはわかりやすいと思います。
  - ・・・
  - 日本画における 「図と地」 の構造(構成関係)を思い起こしてください。
  - 図(建物)と地(路)に主従の関係はありません。一方がなくなれば他方もなくなってしまう関係です。

再び、上で紹介した芦原氏著作から拾い出してみます。


  
    クリックで拡大:1500*1030pxl


  - 「図と地」 で検索を掛けるとこの図がやたらと出てきます。笑いました。

ヨーロッパの街に建つ建物は壁一枚を隔てるだけで 「 屋外⇔屋内 」 が造られている、の説明です。

  - 一方に架けられている屋根を他方へ移し変えれば直ぐに立場が逆転する、の画が別ページにあります。

片や、日本は敷地の周辺を残した形で建物を建てるために上記の関係が成立しない、の図です。
路と敷地を隔てているものは、塀です。

  - 日本建築は庭、または玄関に至る前庭を欲したと言えるかもしれません。

ただし日本でも町家等で造られた街はヨーロッパのそれと同様なことは頭に入れておいて下さい。
・・・
「 屋外⇔屋内 」 を形作るこの 一本の線の境界域に 「 人 」 が棲息できていたのが商店街 でした。

・・・

その3 ● 歯抜けを回避 する 「 建物の連続性 」 への意識。

  - その2の延長線にあるともいえますが、日本の現状を見る限り一要素として捉えたいと思えるので。

次の写真に写る街並みを見てください。


  
    クリックで拡大:1500*1030pxl


祇園石段下とあります。明治初期の京都は八坂神社から四条通を眺めた写真ですね。

  - 現在の様子はこちらで。 ○ Google 画像検索 - 八坂神社 四条通

現在の街はポツポツと更地化していっても道路境界の線が地面に打たれていますから、
不自然ながらも一見 「 路地 ⇔ 建物群 」 の関係は保たれてしまいます。
・・・
然しながら、本来あるべき姿は歯抜けなく建物が連続していることで路はその形を担保されるものなのです。
即ち、街の 「 図と地 」 は連続する建物群によって成立していたと言えます。

  - 上の四条通の情景はそのことを如実に物語っています。

130~40年前の写真を見て、改めて 「 連続する図 」 が 「 地 」 を創造 していたことに気付きます。

・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・

またまた長くなりそうなので、続きは no参 に廻すことにします。
・・・
記事中に出した本は以下に記しておきますので興味ある方はどうぞ。

街並みの美学 (岩波現代文庫)
街並みの美学 (岩波現代文庫)芦原 義信岩波書店  2001-04-16売り上げランキング : 18968Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品続・街並みの美学 (岩波現代文庫)まちづくりと景観 (岩波新書)見えがくれする都市―江戸から東京へ (SD選書)都市のイメージ 新装版美しい都市・醜い都市―現代景観論 (中公新書ラクレ)


幕末・維新彩色の京都
幕末・維新彩色の京都白幡 洋三郎京都新聞出版センター 2004-03売り上げランキング : 193480Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品写真で見る江戸東京 (とんぼの本)写真で見る京都今昔 (とんぼの本)京都時代MAP 幕末・維新編 (Time trip map)レンズが撮らえた幕末の日本レンズが撮らえた幕末明治日本紀行



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。