太陽光発電でECO

2-9:行きはよいよい、帰りは?の九州一周:神武東征ルート

2011年07月29日

東日本大震災もあって大々的なお披露目をできなかったようですが、
ここに来てジワジワとその認知度も上がってきた 「 九州新幹線 」 、利用者がグ~ンと増えるといいですねぇ。


 ○ JR九州 - 九州新幹線WEB
 
   ※ クリックすると 「 九州新幹線WEB 」 サイトを開きます。


  - 「 全線開業イベント 」 を紹介したページもありました。
  - 
  -  ○ JR九州 - 祝!九州 九州がひとつになる : 九州縦断イベント
  -  
  -    ※ クリックすると 「 九州縦断イベント 」 サイトを開きます。


まだ全線が繋がっていなかった2年前、鹿児島発の車両はガラガラでした。
これからは九州の南北を結ぶ大動脈として機能してくれることへの期待は大きく膨らみます。

・・・・・・
・・・・・・

さてこの九州を縦断する 「 新幹線 」 ではありますが、
ちょっと九州内で置いてけぼり気味な 「 宮崎 」 にも何か波及するものがあるといい のですけれど。

  - 九州東部もう一県の 「 大分 」 は新幹線に頼らずとも、北部九州圏として別の位置付けを確立していますしね。
  -
  -  ○ JR九州 - JR九州の主な列車たち
  - 
  -    ※ クリックすると当該サイトを開きます。



今では 帰省 と言えば、飛行機の利用しか考えられないくらいに体力が落ちてしまっていけませんが、
思い返せば若い時は、飛行機フェリー鉄道 と ( 空、海、陸と ) 移動そのものを楽しめていた気がします。
・・・
特に鉄道は、・・・
「 小倉発着の新幹線 + 日豊本線のL特急 」 なんていう拷問に近い帰省とかや、
それでも気分を変えての 「 博多発着の新幹線 + 鹿児島本線のL特急 + 肥薩線 + 吉都線 」 なんて経路も楽しんで。

 - 新幹線で数時間立ちっ放しの後、小倉から延々6時間ってぇのはなんともヘトヘトでした。
 - 
 -  ○ Wikipedia - 日豊本線
 - 
 - しかし、小倉駅の新幹線改札、日豊本線ホームの人々が流れていく情景や
 - 何故だか久留米駅(多分)のホームで数回は食った立ち食いうどんの記憶がやたら鮮明に残っているから不思議。

そんな中、帰省とは言え 旅心満点 であったのは、俗に 「 ブルートレイン 」 と称されていた寝台特急でした。

 ○ Wikipedia - ブルートレイン

私の学生時代には、都城も 東京~の 「 富士 」 と 新大阪~の 「 彗星 」 の二系統が走っていましたから、
とりわけ鉄っちゃんでない私なんかでも、往路なり復路なり様々な思い出はそれなりに蘇ってきます。

 - ブルトレに乗り込む本駅のホームには提灯がぶら下がっていたり、鈴虫がないていたり。
 - 夕刻4時過ぎに都城を出た後のオレンジ色に染まっていく宮崎の風景。あの時間の缶ビールの美味さったら。
 - 乗り込んできた人たちの気配に眼が覚め、その後そのまま彼らと飲み明かし迎えた山陽本線夜明けの眩さ。
 - ・・・
 - 真夜中に煙草吸いながら 「 富士 」 を待っていた名古屋駅ホーム。薄暗いホームに唯一人。煙草も苦みばしってた・・・はず。
 - そうそう、停車した駅で車掌さんにペコペコしつつ自販機への猛ダッシュなんていうのも今となっては、一昭和なのかも。

 ○ Wikipedia - 富士
 ○ Wikipedia - 彗星

・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・

言うまでもないですが、「 新幹線 」 は貨物ではなく人を運ぶものです。

  - 南九州の魅力 が濃ければ大勢の人がやってくるでしょうし、薄ければガラガラかもしれません。

例えば、喜ばしいことに 大勢の人が日本各地から 新幹線 に乗って鹿児島まで 来られたとして、
その時気になるのは、それらの人たちの 復路の交通手段 です。

  - 往路 「 新幹線 」 で復路 「 飛行機 」 だとか、往路 「 飛行機 」 で復路 「 新幹線 」 なんてことや、
  - もちろん往路も復路も 「 新幹線 」 みたいなことでは、南九州はおろか鹿児島という県自体も自滅です。

時間を優先する場合を別にして 「 同じ道の行って来い 」 はただの移動にしか過ぎず、つまらないものです。
況して、それが観光であるなればなおさらです。

・・・・・・
・・・・・・

今一度、上にリンクを貼った 「 JR九州 - JR九州の主な列車たち 」 の九州の地図をもう一度見てください。
・・・
鹿児島~熊本には肥薩線が走っています。
ここで 「 新幹線 ~ 鹿児島 ~ 飛行機 」 とか 「 新幹線 ~ 鹿児島 ~ 肥薩線:SL人吉 」 なんてことなら
天皇家の祖を生んだ 「 宮崎 」 の立つ瀬がありません。



おっとそう言えば、たまたま前回に 「 神武東征 」 の話で一服したところでした。


  ほら、ちょうど九州一周だ



今や 「 宮崎 」 という地が 「 鉄道 」 に移動手段としての価値を求めているかと問えば、残念ながらそれはないでしょう。
しかし、即物的な 「 移動 」 ではなく、時間の質に重きを置く 「 旅 」 を考えたならば、どうでしょうか?

 - 別に毎日ってことじゃなくてもいいんです。
 - クルリンと霧島を一周してから日豊本線を上って行ったって構やぁしません。
 - 2、3時間ぐらいジィィ~~と夕景の海原を眺めながら、宮崎の美味いメシなり焼酎なりかっ喰らったら極楽です。
 - 真夜中に山ん中で停車して、満天の夜空でも眺められればこれまた最高の御馳走!
 - 夜明けの宇佐神宮なんてオプションがあっても驚きません。九州万歳です。

不便だからこそ、「 一泊 + 新幹線 」 の代わり になる旅が転がっているような気がします。
「 ファスト鉄 」 じゃなくて 「 スロウ鉄 」

・・・・・・
・・・・・・

「 スロウ鉄 」 日豊本線ブルトレの 名は 「 神武 」 です。

奈良は樫原まで行きます。

 - あっ、それはないかな。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。